本学リハビリテーション科学ユニットの松本和久准教授が世話人代表を務める「京都在宅リハビリテーション研究会研究集会」を開催致します。今回は10周年という節目にあたり、全国各地で地域包括ケアシステムの運用に実際に関わられ、在宅リハビリテーションの領域で大変ご活躍されております著名な先生方をシンポジストとしてお迎えし、「京都における地域包括ケアを考える」というテーマのもと、「10周年記念シンポジウム」を企画しております。参加者の皆様と共に「京都における地域包括ケアシステムの構築」に向けての布石を打つような熱い議論を交わすことができるものと思っております。皆様の御参加をお待ちしています。

日程:平成28年3月21日(月・祝)12:30~17:00 (受付開始 12:00)
対象:介護支援専門員、セラピスト、医師、看護師、鍼灸師、柔道整復師、介護福祉士、
   地域包括支援センター職員、地域リハビリテーション関係者 他
場所:〒629-0392 南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1
   明治国際医療大学 10号館2階21教室

詳しくはコチラ→http://www.meiji-u.ac.jp/md-reha/kyoto-home-reha-top/