予防接種(ワクチン)

wakuchin

予防接種は、様々の感染症を予防することができます。

当クリニックでは、3種類の予防接種を実施しています。
接種は、クリニックの診察時間内での予約制です。事前にご予約をお願い致します。

インフルエンザ予防接種

実施時期:毎年10月中旬頃~12月末頃まで

インフルエンザ予防接種は、発症を阻止する効果が認められています。また、肺炎などになるといった重症化を阻止する作用もあります。ただし、予防接種を行った全員がインフルエンザにかからないというほどの効果はありませんが、症状が軽くてすんだり、罹患期間が短くなることは期待できます。効果は短く、5ヶ月程度と考えられますので、毎年、予防接種を行う必要があります。
 
接種費用 : 予約開始前に案内させて頂きます。

肺炎球菌ワクチン予防接種(ニューモバックス®NP)

実施時期:通年

高齢者が、よくかかる肺炎の原因菌の一つに肺炎球菌があります。平成26年度より、肺炎球菌の予防接種が定期接種となりました。下記の年齢の方、または60歳以上64歳以下の方で、心臓などの病気をお持ちの方も対象になります。
各自治体より、肺炎球菌予防接種の案内が届きますので、その機会に受けて下さい。

 
接種費用 :
・7,200円(一般の方:当クリニックでは、高齢者および18歳以上で肺炎球菌による重篤疾患に罹患する危
険が高い方が接種可能です)

・4,000円~無料 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になられる方、また、60歳以上64歳以下の方で心臓病などの病気をお持ちの方は、助成制度があり、料金は納税区分によって異なります(京都市の場合)
※助成を受けられる場合は、予め、保健センターでお手続きが必要となる場合があります。
 

帯状疱疹予防接種

実施時期:通年

帯状庖疹は、体の片側にできる疱疹を特徴としています。頭部、顔面部、胸部、腹部などの部位に発赤、水疱などができます。また、同時に痒みや痛み(神経痛)をともないます。さらに、これらの症状が治まってからしばらくして、強い神経痛の現れることがあります。これを帯状庖疹後神経痛といいます。治療が困難なことも多く、多くの患者様を悩ませています。
帯状庖疹は、子供の時に罹る水ぼうそうと同じウイルス(水痘―帯状疱疹ウイルス)が原因となります。したがって、水ぼうそうのワクチンを接種することで予防ができます。子供の時に行った予防接種や実際に水ぼうそうに罹っていても、年を経るにつれ、水ぼうそうに対する免疫力は落ちていきますので、50歳以上の方は、予防接種をしておくと良いでしょう。

 

接種費用 : 8,640円(50歳以上)

予防接種の担当医師

今西 二郎 (教授・センター長)
内科、漢方内科
日本東洋医学会漢方専門医、指導医、日本温泉気候物理医学会温泉療法医、インフェクションコントロールドクター、日本医師会認定産業医
田中 邦雄 (教授)
内科、漢方内科、心療内科
日本東洋医学会漢方専門医、指導医、精神保健指定医、日本精神神経学会専門医

診察日時

午前
9:00~12:00
今西 田中 田中 田中 今西(1・3週)
田中(2・4・5週)
今西(2・4週)
田中
午後
1:00~4:00
今西 田中 田中 田中 今西(1・3週)
田中(2・4・5週)

休診日 : 土曜午後、日曜、祝日、年末年始

受診について

  • 明治国際医療大学附属統合医療センターへお電話にてご予約ください。
  • TEL 075-333-1386 電話のかけ間違いにはご注意ください。
  • 受診についての詳細は 統合医療センターの診察案内をご覧ください。

アクセス

所在地

〒610-1143
京都市西京区大原野東境谷町2-4 京都エミナース6F

お問い合わせ

洛西クリニック
TEL:075-333-1386 (予約制)
洛西鍼灸・マッサージ治療所
TEL:075-333-5620 (予約制)