疾患別(月経困難症)

月経困難症(月経痛・生理痛)

・病気の概要:

 月経困難症(月経痛・生理痛)とは、月経直前または月経開始とともに、下腹部痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛などが強く出現し、寝込んでしまうなど日常生活に支障をきたす場合をいいます。月経困難症は、目にみえるはっきりとした異常がないのに痛みが起こる機能性月経困難症と、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮奇形など目にみえるはっきりとした異常があって起こる続発性月経困難症に分類されます。月経困難症のうち、機能性月経困難症が最も多いといわれています。機能性月経困難症は、プロスタグランジンという物質によって引き起こされます。プロスタグランジンが過剰に分泌されると、子宮の収縮が強くなり、痛みが増すこととなります。

・期待できる鍼灸治療効果

 機能性・続発性月経困難症のいずれにおいても、鍼灸治療により下腹部痛、腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛などの軽減が得られますが、機能性月経困難症のほうが効果は高いといわれています。また、月経中の痛みが強いときの治療も有効でありますが、あらかじめ予防的に治療を行うことで痛みに対する不安感を消失させ、それが痛みを和らげることもあります。月経は月に1度しかなく、はっきりとした治療効果が現れるまでには3ヶ月ほどかかりますので、鍼灸治療は1~2週間に1度の割合で、3ヶ月(1クール)ほど継続することをオススメします。

・セルフケア

① 体を温める:下腹部や腰にひざ掛けや毛布をかけたり、カイロをあてるなどして、子宮や腰まわりを温め、血行をよくしましょう。夏は、冷房で冷えすぎないようにお湯 につかって全身を温めましょう。

② 適度な運動、ストレスの解消:体を動かすことで全身の血行がよくなり、またストレスの発散にも効果的です。日頃からストレスを溜めないよう、自分なりのストレス解消法を持ち、リラクゼーションをはかりましょう。月経痛がひどいときは、激しい運動は避けましょう。

③ 鎮痛薬を利用する:我慢すれば良いというわけではないので、あまりにも痛みがひどい場合は、本格的に月経痛が起こる前に服用するとよいでしょう。そうすることで、少ない鎮痛薬の利用ですむこともあります。

④ ツボ療法:三陰交穴(内くるぶしの上指4本分上で、骨のきわ)へのツボ押しやお灸を 行うとよいでしょう。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る