疾患別(本態性高血圧症)

本態性高血圧症             

 ・病気の概要:

血圧は通常で最高血圧100~129mmHg、最低血圧50~84mmHgです。本態性高血圧症は、血圧が正常範囲を超えて高く、原因のわからない高血圧をいいます。原因は、遺伝要因と環境要因が関連しており、特に生活習慣が大きく影響されていると言われており、生活習慣病とされています。本態性高血圧症は、自覚症状がほとんどない場合が多く、高血圧を放置しておくと心臓疾患、脳卒中などの重篤な疾患になります。このため、できるだけ早く血圧を下げ正常にもどすことが重要となります。

・期待できる鍼灸治療効果

 高血圧への鍼灸治療は、手足(四肢末梢)の循環を改善させるとともに、自律神経機能を調整し、血圧の低下と血圧変動の安定化をはかります。また、数値のみでなく様々な症状の軽減が期待できます。鍼灸治療を続ける事により、血圧の安定を測り、生活習慣の改善を助けることで高血圧を予防する手段として重要と考えています。

・セルフケア

高血圧を予防するためにも生活習慣の見直しが重要です。以下の改善に心がけてみてください。

① 減塩をこころがける

② ふとりすぎに注意

③ バランスのとれた食生活

④ ストレスをためない

⑤ 適度な運動を定期的に

⑥ 日常生活は規則正しく

⑦ アルコールはほどほどに

⑧ 禁煙(節煙)の実行

⑨ 便秘解消

 

印刷はこちらへ→ PDF 

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 

 疾患・症状別選択画面へ戻る