スポーツ障害(野球選手)

スポーツ障害(野球選手)

・病気の概要:

 日本における野球は、プロ野球や高校野球に代表されるように人気の高いスポーツであり、幅広い競技レベルや年齢層で楽しまれています。野球は攻撃側と守備側に分かれて行うスポーツで、「走・攻・守」に代表されるように、走る、投げる、打つといったそれぞれ異なった動きが求められます。そのため、起りやすいケガも様々です。特にピッチャーとキャッチャーは他と比較してボールを投げる機会が多いポジションのため、投球による肩や肘のケガが起こりやすくなります。その原因には、使い過ぎ(過剰な投球数)や不適切な投球フォーム、身体の柔軟性不足、筋力不足などが関係しています。また、野球の動きにはバットスイングに代表されるように、身体を捻る動作が多く腰の痛みを自覚する選手も少なくありません。それ以外にも、野球では足関節の捻挫や肉離れ、シンスプリント、疲労骨折など様々なケガが起こります。これらのケガにより、プレーの中止を余儀なくされたり、プレーができたとしても満足な動きができないことがあるため、早期にケガの治療を行うことが重要です。

・期待できる鍼灸治療効果

 スポーツで起こるケガでは痛みが主な症状として起こります。鍼灸治療を行うことにより、その痛みを抑える効果が期待できます。また、ケガによって傷ついた組織を早期に回復させることも期待できます。さらに、そのケガを起こす原因となった関節可動域制限や筋の過緊張などの機能不全なども治療対象となり、それらの改善も期待できます。

・セルフケア

野球におけるケガのうち、使い過ぎが原因となったケガでは日々のセルフケアが重要です。以下の内容を心がけて下さい。

 

① ストレッチによる柔軟性の獲得

② 足りない筋力の補強

③ ウォーミングアップ

④ クーリングダウン

特に肩や肘の痛みの場合は以下のセルフケアも大切です。

⑤ 投球制限

⑥ 肩甲骨周囲の柔軟性の獲得

⑦ 股関節の柔軟性の獲得

印刷はこちらへ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

 

 疾患・症状別選択画面へ戻る