疾患別(美容・肌あれ)

美容・肌あれ

・病気の概要:

 現在、日本人女性の多くが肌トラブルを抱えています。過酷な労働環境やストレス、睡眠の質の悪化などが心身の健康状態の悪化を招き、それが肌状態の悪化につながっていると考えられています。実際に、心身の健康状態と肌状態が深く関連することが近年の研究でも明らかになりつつあります。健康的な肌状態を保つためには、化粧水など外からのケアだけでなく、体の内側からのケアが要不可欠なのです。

・期待できる鍼灸治療効果

 鍼灸治療は、肌の血流量を増加させ、皮膚のバリア機能を維持・向上させることが明らかになっています。これは、肌の乾燥を防ぎ小じわの原因を減らす可能性を意味しています。また、鍼灸治療には筋肉の緊張を緩和する作用があるため、眉間のシワなど、顔の筋肉の緊張が招く大きなシワを軽減する効果も有しています。それだけでなく、便秘や不眠など、体の内部の不調を改善することもできるため、本当の意味での健康的な肌を手に入れるお手伝いが出来ます。

・セルフケア

 日本人は顔の表情を作る筋肉である表情筋の動きが乏しく、顔の同じ筋肉にばかり力が入りがちです。これは、眉間のシワなどの大きな原因になるばかりでなく、血流の低下から目の疲れや頭痛、不眠の原因にもなります。まずは、以下のセルフケアを実施して、表情筋をほぐしてみてはいかがでしょうか? 

①目を大きく開いたり、口を大きく開けたりして、顔の表情を極端に変えてみる。

②蒸しタオルで目を温める(火傷に注意!)。

③舌で口の中を内側から押す。

 

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る