疾患別(不妊症)

不妊症

・病気の概要:

 不妊症とは、生殖可能な年齢にあり、正常な性生活を営んでいる夫婦が1年以上にわたって妊娠しない状態をいいます。不妊のカップルは約10組に1組と言われていますが、近年、妊娠を考える年齢が上昇していることもあり、この割合はもっと高いとも言われています。不妊の原因は、男性側、女性側、あるいはその両方にある場合がありますが、何も原因がない場合もあります。

・期待できる鍼灸治療効果

 鍼灸治療は卵巣や子宮の血流を増加させ、卵胞発育や子宮内膜の肥厚を促し、妊孕性(にんようせい:妊娠する力)に影響を与えることがわかっています。また、不妊治療による身体的、心理的なストレスを和らげる効果も認められています。

・セルフケア

①  日常生活の見直し:まずは、規則正しい生活、適度な運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠がとれているか見直すことが症状軽減の第一歩です。

②  ストレスを溜めない:不妊治療は長期間に及ぶこともあります。ストレスは、血管を収縮させるので、血行が悪くなります。深く思い詰めず、リラクゼーションを心がけることが大切です。

③  楽しんで妊活をする:「妊活なんて、楽しめない」と思われるかもしれません。「体に良いものを食べないといけない、ウォーキングしないといけない、サプリメントを飲まないといけない」など力が入っていませんか?力が入りすぎは、体にとって悪循環。肩の力、手の力を抜いて、たまには、基礎体温記録は休憩、ゆっくりと過ごしましょう。

④ ツボ療法:三陰交穴(内くるぶしとアキレス腱の間の陥凹部)へのツボ押しやお灸を行うとよいでしょう。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る