疾患別(再生医療:末梢神経再生・腱修復促進)

再生医療(末梢神経再生・腱修復促進)

・概要:

 本学では組織修復に対する鍼治療の有効性について検討し、基礎研究、臨床試験によって治効機序(なぜ効くか)や安全性に関する検証を進めています。これまでのところ、高度な末梢神経障害に対する神経再生やアキレス腱断裂などの腱損傷に対する修復に鍼通電治療(鍼を標的組織まで刺入し、電気刺激を与える)が促進的に作用する研究成果を得ています。本学附属治療施設では、これらの結果を基に、一般的な鍼治療の作用として示されている組織の循環系への影響と合わせて、鍼通電の電気的特性を生かして組織修復に促進的に働く成長因子などのサイトカインの活性化を目的とした治療を行っています。治療の適否についての判断や安全面に配慮し、専門のスタッフが治療を行います。

・適応疾患

○末梢神経再生:手根管症候群、肘部管症候群、腓骨神経麻痺(下垂足)、腋窩神経麻痺、末梢性顔面神経麻痺など 

○腱修復:アキレス腱断裂、腱板断裂、靭帯損傷など

 

※状態に応じて専門医へご紹介します。また、場合によっては東西医学(医師の行う治療と鍼灸師の行う治療)を併用して治療を進めます。

※治療の詳細は、原因や症状の程度などにより異なりますので、受診時にお尋ね下さい。

・セルフケア

※原因によって異なりますので、受診時にお尋ね下さい。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患・症状で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

 疾患・症状別選択画面へ戻る