鍼灸センター長

 
 
Itoh

附属鍼灸センター長 伊藤 和憲(Itoh Kazunori Ph.D)

 
 

ごあいさつ

 日本は65歳以上の人口が20%を超える超高齢社会を迎え、一人暮らしの高齢者やいわゆる「老老介護」などが増加傾向にあります。また、ストレス社会でもあり、精神的な不調を訴える人も増えるなど、かつてない社会状況にあり、健康に対する意識が高まっています。
 医学において、病気の治療はもちろんですが、健康の保持・増進を含めた、予防医学に注目が集まっています。鍼灸には「未病を治す」という考え方があり、自然界と調和した生活や病気をできる限り早い段階で治療することを強調しています。そして、現在では多くの国々で鍼灸が疾病の予防や治療に用いられています。
 附属鍼灸センターは、明治国際医療大学の前身である明治鍼灸大学の附属診療所として開設され、1989年に「附属鍼灸センター」と改称されました。
 当鍼灸センターでは臨床・教育・研究が一体となって行われており、附属病院と隣接することにより専門医との有機的な連携が可能となりました。
 スタッフは大学の専任教員11名が曜日別に診療を担当し、一般診療に加え専門外来を設置しています。
 これからも病める患者さんの立場に立った鍼灸臨床の実践に寄与できるようスタッフ一同頑張る所存です。