附属鍼灸センターについて

鍼灸センターについて

 明治国際医療大学附属鍼灸センターは、大学に併設された鍼灸治療専門の施設です。
 本学は「東西医学の補完と融合」を目的に、日本初の4年制鍼灸大学として昭和58年に開学しました。当鍼灸センターは、その目的達成のために隣接する附属病院との有機的な連携のもとに「東西医学の補完医療」が最先端のレベルで実践されています。
 豊富な治療経験と臨床実績を元にした、より質の高い鍼灸治療が実践されているばかりでなく、鍼灸医学界で指導的役割を果たし、医師と連携できる鍼灸師の養成を目的に、鍼灸臨床教育も行っています。
 

鍼灸センターの機能

当鍼灸センターには以下のような機能があります。

● 鍼灸臨床施設
東洋医学と西洋医学をふまえた、安全で最適な鍼灸治療を行っています。

● 臨床研究施設
より高い効果と鍼灸医学の発展のための臨床研究を行っています。

● 臨床教育施設
幅広い視野を持ち、優れた倫理と臨床能力をもった鍼灸師を育成しています。