疾患別(腰椎椎間板ヘルニア)

腰椎椎間板ヘルニア

・病気の概要:

 脊柱(背骨)においてクッションの役割を果たす椎間板組織(線維輪、髄核)の脱出により、神経を刺激して腰痛や下肢(脚)の痛み、しびれを引き起こした状態を腰椎椎間板ヘルニアと言います。重いものを持ち上げた際やスポーツなどでの負荷がきっかけとなる他、座位から立位になる瞬間などの些細な動作で発症することも少なくありません。多くは椎間板の退行変性(年齢とともに生じる変化)に起因します。 腰痛の発症に遅れて下肢(脚)の痛みやしびれが出現することが多く、前屈(前かがみ)姿勢によって下肢症状が増悪するため、洗顔などの日常生活動作にも支障を来します。

・期待できる鍼灸治療効果

 刺激された神経組織の血流改善と痛みの抑制系を賦活化(強く働かせること)させることを目的とした鍼治療によって症状の緩解が得られます。治療は、基礎研究、臨床試験によって有効性や安全性が検証された数種類の方法があり、症状に応じて段階的に行います。

・セルフケア

① 長時間の立位時は片脚を挙げる(台に乗せる)

② 重たいものを持つ際は体幹に引き寄せる

③ 体幹を捻る動作を避ける

④ イスに座る時は深く腰かける

⑤ 体幹、下肢(脚)の筋力トレーニング

⑥ 体幹、下肢(脚)のストレッチ

 

※症状によって異なりますので、受診時にお尋ね下さい。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 

 疾患・症状別選択画面へ戻る