症状別(慢性痛)

慢性痛

・病気の概要:

 痛みは様々な要因で生じるため、原因が明確にわからない、また痛みの原因が明確でも普通より強く、広く痛みを感じることがあります。このように、原因がよくわからずに長時間続いている痛みを総称して慢性痛と呼んでいます。慢性痛を生じる疾患には、関節リウマチ、線維筋痛症、帯状疱疹後神経津、三叉神経痛、CRPSなど様々なものがありますが、変形性関節症や腰痛症のような整形外科的な疾患でもよく認められます。なお、慢性的な痛みは女性で多く訴える傾向があることから、ホルモンや生活習慣、ストレスとの関係も指摘されていますが、近年では脊髄や脳で痛みが記憶されたり、認知されたことで痛みが慢性化することが知られています。

・期待できる鍼灸治療効果

 慢性痛の鍼灸治療では、痛みの治療は勿論のこと、不眠や、手や足の冷え、便通異常など多くの症状が存在することから、痛みだけでなく、痛み以外の症状に対しても治療を行っていきます。痛みが軽減するには週1回の治療で3ヶ月から半年程度の期間が必要なことが多いとされていますが、痛みの程度や罹病期間により様々です。また、痛みの改善よりも、痛み以外の症状が先に軽減し、最終的に痛みが改善することが多いのも特徴です。なお、痛みがなかなか改善しない場合は、鍼灸治療に加えて認知行動療法やセルフケアなどを加えながら治療を行います。

・セルフケア

 痛みの治療では、痛みへの理解、運動、考え方の3つが重要です。痛みへの理解とは、自分の痛みがどのような時に増強し、どのような時に軽減するのかを知ることです。そのためには、痛み日記を活用して、痛みの強さと生活習慣やイベント、思考パターンとの関係を理解します。運動は有酸素運動を30分程度進めるものが多いですが、安静が1番良くないことから、簡単なストレッチやラジオ体操など、身体を動かすことが大切とされています。

 

考え方に関しては、痛みが強いときは視野が狭くなっていることが多いことから、物事に対して複数の選択肢を持つことが大切です。また、悩みを溜め込まない工夫も必要です。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る