症状別(目の疲れ)

目の疲れ

・病気の概要:

 毎日の生活の中で、パソコンやスマホを見ない日はほとんどないのではないでしょうか。私たちはほとんどの情報を目から仕入れるため、人体でもっとも疲れているのは目であるといわれています。 目の疲れは肩こりや頭痛、吐き気、気分の落ち込み、不眠など、実に多くの症状のきっかけになると考えられています。

・期待できる鍼灸治療効果

 鍼灸治療は目の血流を上げ、目の疲労を軽減する効果があります。それだけでなく、集中力の向上や作業能力の向上にも影響し、心身の疲れやストレスを軽減する効果があるとされています。実際に、鍼灸治療によってリラックス効果が得られることが、多くの研究データにより明らかになっています。
す。

・セルフケア

 目の疲れは、目以外のさまざまな症状とも関連していますので、目の疲れを軽減することはとても大切です。まずは、以下の方法で目をいたわってあげましょう。

① 蒸しタオルで目を温める(火傷に注意!)

② 遠くを見る。

③ こめかみを押さえる。

 

これらは目の疲れを取る上で、どれも重要なセルフケアです。是非お役立てください。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る