症状別(頭痛)

頭痛

・病気の概要:

 日常的に感じる頭痛には、大きく分けて2つの種類があります。一つは片頭痛で、もう一つは緊張型頭痛です。 片頭痛は頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛みが生じるものです。ズキズキと脈打つような痛みで、光や音、匂いに敏感になったり、場合によっては吐き気などを伴います。緊張型頭痛は首や肩の凝りに伴って頭まで痛くなるもので、締め付けられるような痛みを感じる場合があります。また、この2つが混合するケースも少なくありません。

・期待できる鍼灸治療効果

 頭痛に対する鍼灸治療の効果は国内外の多くの研究で明らかにされています。片頭痛であれば、頭痛の起こる頻度が減少するとされており、緊張型頭痛では痛みの程度そのものが軽くなることが明らかになっています。

・セルフケア

片頭痛に関しては、休息が最善ですが、それ以外には

① こめかみを押す

② こめかみを冷やすなどがお勧めです。

特に②の冷やすは、冷やすことによって炎症を抑えることが出来ます。

緊張型頭痛に関しては、

① 姿勢に気を付け、猫背にならないようにする。

② パソコン作業やスマホを見るときは、画面に顔を近づけすぎないようにする。

③ 適度な運動を心がけ、体をほぐすようにする。

がお勧めです。

いずれの頭痛も、適度に休息し、まず起こらないように予防していくことが重要です。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る