症状別(不眠)

不眠

・病気の概要:

 現在、日本人の5人に1人が何らかの睡眠の問題を抱えているとされています。中でも、不眠症(寝入りにくい、夜中に起きる、朝早く目が覚める、など)は最も多くの人が悩んでいる症状です。不眠が続けば日中に眠気を感じるようになり、やがて仕事のミスや事故にもつながってしまうでしょう。眠れない日々が続くと、「今日も眠れなかったらどうしよう」と、眠ることにプレッシャーを感じるようになる場合も多く、悪循環が形成されやすいのも特徴です。

・期待できる鍼灸治療効果

 不眠症に対する鍼灸治療の効果は、国内・国外を問わず多くの研究データがあり、その有効性が明らかになっています。睡眠時間の延長や睡眠の質の向上、日中の眠気の軽減など、さまざまな悩みに対して効果を発揮します。鍼灸は心身をリラックスさせる効果があり、それが睡眠にも影響していると考えられています。

・セルフケア

睡眠障害のセルフケアについては、厚生労働省が12の指針を出しています。ここでは、代表的なものを示します。より詳しい内容が知りたい方は、「睡眠障害対処 12の指針」で検索してみてください。

① ○○時間以上寝ないと…のように、睡眠時間にこだわらない。

② 刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法を実践する。

③ 眠たくなってから床に就く。

④ 同じ時刻に毎日起床する。

⑤ 昼寝をするなら、15時前の20~30分に。

⑥ 睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと。

 

気になる方は、是非一度、実践してみてください。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る