症状別(腰痛)

腰痛

・病気の概要:

 腰痛の原因は多岐に亘り、内臓の異常に由来するものや心理的要因が強く関与している場合など様々ですが、多くは腰椎の退行変性(加齢による変化)を基盤として起こります。腰椎(脊椎)は身体を支持しながら動かすという、相反する機能を担っています。そのため、退行性変性が生じやすく、その異常が症状として現れやすい部位と言えます。また、症状が慢性化し、悩まされることも少なくありません。さらに、変性過程の中で、些細な外力(負担)がきっかけとなって急性腰痛(急に腰痛が増悪すること:ギックリ腰)を発症することが度々あり、社会生活を送る上で大きな悩みとなります。

・期待できる鍼灸治療効果

 症状の原因となっている神経に直接的または間接的に鍼灸刺激を与えることによって症状(急性・慢性)を緩解へと導きます。また、これまでの臨床試験の結果から、強い症状が改善した後も定期的に鍼灸治療を継続することによって、急性腰痛や腰痛の慢性化を予防できる可能性が示されています。

・セルフケア

① 長時間の同一姿勢の回避

② 不良姿勢を避ける

③ 体幹、下肢(脚)の筋力トレーニング

④ 体幹、下肢(脚)のストレッチ

 

※症状によって異なりますので、受診時にお尋ね下さい。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 

 疾患・症状別選択画面へ戻る