症状別(耳鳴り)

耳鳴り

・病気の概要:

 耳鳴とは外からの音刺激が存在しないのに耳や頭内に感じる音感をいいます。また、耳鳴とは、意味のない音の感覚のことをいいます。聴こえる音の内容に言語や音楽などの意味がある場合は幻聴とよびます。耳鳴と幻聴は異なる症状といえます。鍼灸治療で対象となる可能性があるのは「耳鳴」の方だと考えられます。耳鳴りの原因としては以下が考えられます。

①メニエール病:耳鳴や難聴、耳の詰まった感じなどの聴覚症状を伴う回転性めまいを反復する病気です。

②突発性難聴:明らかな原因やきっかけがなく、あるとき突然に感音難聴をきたす疾患で、難聴だけでなく、耳鳴や耳閉塞感(耳の詰まった感じ)、場合によっては「めまい」などを伴うことがあります。

③聴神経腫瘍:脳神経(内耳神経)から生じる良性腫瘍とされます。

④老人(加齢)性難聴に伴う耳鳴

⑤原因不明の耳鳴

耳鳴りを感じる方は、まず耳鼻咽喉科を受診され、耳鳴りの原因をはっきりさせることをおすすめ致します。

・期待できる鍼灸治療効果

 耳鼻科での治療後も耳鳴が残存する場合には、鍼治療を試してみてはいかがでしょうか。耳鳴に対する鍼治療の主な効果には、1)耳鳴の大きさが鍼治療を行う前よりも小さくなる(大きさの軽減)と2)耳鳴が気にならなくなる(耳鳴の大きさには変化がない)という、主に2つの現象があると考えられます。また、この1)、2)が同時に生じることもあります。しかし、耳鳴が完全に消失することは難しいと考えられます。鍼治療が効果を出す場合においても、耳鳴が鍼治療を開始する前より少しでも小さくなるか、あるいは鍼治療開始前より少しでも気にならなくなることを目的とします。ただ、効果発現には個人差があり、患っている疾患にも左右されると考えられますので、耳鳴に対して鍼治療がある程度の効果を発揮する場合と効果がない場合とがあります。なお、精神疾患が原因で感じる耳鳴は鍼治療の対象とはならないと考えられます。また、難聴そのものの改善は、鍼治療では難しいと考えられます。

・セルフケア

① 耳鳴をできるだけ聞かないようにする。耳鳴が気になり始めたら、音楽やラジオ、映画、CDなどをつけ、それらを聞くようにする(音量を大きくし過ぎないように注意する)。

② 気持ちをゆったりと持ち、リラックスする時間を多く持つようにする。また、何も考えないようなゆっくりとした時間を持つことも大事です。

③ 物事をあまり突き詰めて考えたり、深刻に考えたりしないように心がける。

④ ストレス(精神的・肉体的)をうまく流すようにする。

⑤ 寝不足にならないように注意する。

印刷はこちらへ→ PDF

本疾患で治療を希望の方は下記の附属鍼灸治療施設までご相談ください。(名称をクリックすると各HPが見ることができます)

附属鍼灸センター:京都府南丹市日吉町保野田ヒノ谷6-1 電話0771-72-1210

京都駅前鍼灸院:京都市下京区塩小路通烏丸西入ル東塩小路町579-1 山崎メディカルビルBF1 電話075-371-1189

京都桂川鍼灸院(ミュトス361):京都市南区久世高田町376-1 イオンモール京都桂川1F me di mo内 電話075-925-0361

附属洛西鍼灸マッサージ治療所:京都市西京区大原野東境谷2-4 ホテル京都エミナース6F 電話 075-333-5620

 疾患・症状別選択画面へ戻る