資料請求

メニュー

特長

鍼灸医学の聖地で鍼灸の「学」と「術」を究める

特長01

多彩な可能性を支援する研究分野の設置

修士課程には、高度な専門知識・臨床能力を持ち、地域や医療現場における指導的人材となる鍼灸師を養成する「臨床鍼灸学専攻」と、研究者としての資質及び研究能力を養う「鍼灸学専攻」の2コースがあります。また、鍼灸学専攻では「通信教育課程」も併設し、実務経験を通して得た技術を、体系的かつ学術的に高度化させます。
「博士後期課程」では、より高度な研究を重ねることで、鍼灸学の進歩と発展に寄与する自立した研究者を養成します。

特長02

充実の施設と東西両医学の教授陣による指導

「附属病院」や「附属鍼灸センター」などの、統合医療を実践する臨床施設をはじめ、鍼灸のメカニズムを解明する研究機材を備えた「附属東洋医学研究所」や、「附属メディカルMRセンター」などの附属施設で研究活動を行います。また、鍼灸の権威である教授陣と、医師や基礎医学専門教員など、第一線で活躍する教員が学生の研究活動をサポートしています。
この充実の施設と東西両医学の研究者による密接な協力体制は、本学ならではの強みです。

特長03

より質の高い臨床と研究の実践

本大学院では今まで積み上げてきた研究実績と、豊富な臨床施設での症例データを元に、幅広い分野(医療領域、スポーツ領域、健康予防領域)で活躍できるような人材の育成を目指し、学生の目標に応じた実践教育を行っています。また、社会のニーズに合った成果を広く社会に還元できるように、アンケート調査で現状を分析し、病態や治効機序などを裏付ける鍼灸医学の科学的根拠の確立を目指し、通学制・通信制の学生と教員が一丸となって、総合的な臨床・研究に取り組んでいます。

図表

学びたい分野について
とことん勉強できる環境が整っています。

大学で4年間学んできたことをより深く知りたいと思い、大学院への進学を決めました。また、もっと治療技術や考え方を学びたいと思える先生がいたことも理由です。現在は、自分の研究テーマ「東洋医学の診察法の客観化」について特に勉強しています。大学院のメリットは、多くの勉強ができる点。学びのための環境も整っていますし、臨床の場が豊富に用意されているので、患者対応についても実際の経験から学んでいくことができます。自分は座学が好きだったので、知識面では自信があったのですが、大学院に進み、初めて附属鍼灸センターで臨床の現場に立った際には、まったく上手く立ち回れませんでした。今後の目標は、研究と臨床の両立です。卒業後は開業されている先生のもとで修業を積み、いずれは地元で開業したいと考えています。

山中 一星大学院 鍼灸学研究科 鍼灸学専攻 修士課程2年生
広島県 安芸南高等学校 出身

学びで得た知識をすぐ職場で活かせて、
施術の効率が上がりました。

すでにスポーツトレーナーとして実際の現場で働き、教科書に載っていないような貴重な経験もしていますが、それらを科学的根拠に基づいた知識として理解し、しっかりと自分の中に定着させたいと思い、通信制での大学院進学を決めました。今は、皮膚の形態的基礎、皮膚感覚受容器や痛みのメカニズムについて改めて専門的に勉強していますが、これらは人の身体に触れて施術をおこなう医療人にとって知っておかなければならないことばかりです。これからも大学院での専門知識や臨床能力を常に向上させ、生涯学習をしていく基礎を築くことができればと考えています。そして、大学院で学んだことを活かし、トレーナーとしてさまざまなアスリートを陰で支え、多くの人達に夢や希望を与えられるような価値のある仕事をしていきたいと思っています。

東田 孝昭大学院 鍼灸学研究科 鍼灸学専攻 修士課程(通信教育課程)2年生
メジャーリーガー岩隈投手 パーソナルトレーナー

「もっと知りたい!」
学べば学ぶほどその思いが強くなっています。

私は大学卒業後、2年間鍼灸師として働いていたのですが、仕事の中で「なぜ鍼灸が効くのか知りたい」「もっと鍼灸の効果をあげたい」という思いが強まり、一念発起して大学院に入学。大きなテーマは、修士課程から引き続き「自律神経と鍼灸」ですが、博士課程では、よりメカニズムを研究するためにラットを用いて研究しています。大学院で学会発表や論文作成をするようになって、鍼灸に対する考えがさらに深まり、ますます「もっと知りたい!」と思うようになりました。もし今、鍼灸学科への進学を考えていて、将来は大学院に進みたいと考えているなら、何事にも興味を持つようにしてください。そして、自分の中の「なぜ」が解消されるまでとことん追究する姿勢を養っておくといいと思いますよ。

岡田 岬大学院 鍼灸学研究科 鍼灸学専攻 博士課程3年生
愛知県 名古屋大学教育学部附属高等学校 出身