資料請求

メニュー

特長

鍼灸医学の聖地で鍼灸の「学」と「術」を究める

特長01

多彩な可能性を支援する研究分野の設置

修士課程には、高度な専門知識・臨床能力を持ち、地域や医療現場における指導的人材となる鍼灸師を養成する『臨床鍼灸学専攻』と、研究者としての資質及び研究能力を養う『鍼灸学専攻』の2コースがあります。また、鍼灸学専攻では『通信教育課程』も併設し、実務経験を通して得た技術を、体系的かつ学術的に高度化させます。
『博士後期課程』では、より高度な研究を重ねることで、鍼灸学の進歩と発展に寄与する自立した研究者を養成します。

特長02

充実の施設と東西両医学の教授陣による指導

「附属病院」や「附属鍼灸センター」などの、統合医療を実践する臨床施設をはじめ、鍼灸のメカニズムを解明する研究機材を備えた「附属東洋医学研究所」や、「附属メディカルMRセンター」などの附属施設で研究活動を行います。また、鍼灸の権威である教授陣と、医師や基礎医学専門教員など、第一線で活躍する教員が学生の研究活動をサポートしています。
この充実の施設と東西両医学の研究者による密接な協力体制は、本学ならではの強みです。

特長03

より質の高い臨床と研究の実践

本大学院では今まで積み上げてきた研究実績と、豊富な臨床施設での症例データを元に、幅広い分野(医療領域、スポーツ領域、健康予防領域)で活躍できるような人材の育成を目指し、学生の目標に応じた実践教育を行っています。また、社会のニーズに合った成果を広く社会に還元できるように、アンケート調査で現状を分析し、病態や治効機序などを裏付ける鍼灸医学の科学的根拠の確立を目指し、通学制・通信制の学生と教員が一丸となって、総合的な臨床・研究に取り組んでいます。

図表

附属病院での実践機会が多く、
技術が確実に向上するのが魅力。

本学大学院の魅力は、附属病院があり、医療の現場について広く、深く学べる点です。私は外科系の鍼灸医療を専門とするために、手術後の患者さんに対する鍼灸治療や、薬の副作用の緩和ケアなどについて研究を進めています。現在は病院の各科を周り、医師や看護師との連携や病院での業務や運営について学んでいるほか、病院で担当の患者さんに対する施術を行うようにもなりました。緩和ケアにおいては、患者さんそれぞれに不調や痛みの訴え方が異なりますし、何よりもメンタル面でのサポートが重要です。私は将来的にはこの分野での知識を活かして独立、開業を目指しています。大学院での学びを通し、実践の中で多くの患者さんと声を交わし、一人ひとりの症状や気持ちに寄り添える治療者となるべく努力を重ねていきたいと思っています。

長岡 哲輝大学院 臨床コース 修士課程2年生
愛知県 中部大学第一高校 出身

研究者として自身のテーマを追究していく
最良の場所です。

私は大学卒業後、2年間鍼灸師として働いていたのですが、仕事の中で「なぜ鍼灸が効くのか知りたい」「もっと鍼灸の効果をあげたい」という思いが強まり、一念発起して大学院に入学。修士課程では、主に鍼刺激と自律神経の関係、特に心循環系の基礎研究を行っていました。これから進んでいく博士課程でも、さらに研究の幅を広げ、消化器管と自律神経の関係などについても研究を進めていくつもりです。本学には研究のための優れた設備が整っており、臨床実験なども行いやすいため、学びを究めたいと感じる方にとっては最適な環境ではないでしょうか。私もここでさらに自身の興味のあるテーマを深く追究しながら、将来的には教育機関や研究機関に身を置きつつ、後進の教育にも携わっていきたいと思っています。

岡田 岬大学院 研究コース 博士後期課程1年生 基礎コース
愛知県 名古屋大学教育学部附属高校 出身