資料請求

メニュー

保健医療学部
救急救命学科Faculty of Emergency Medical Science

高度な専門知識と技術を備えた
優秀な救急救命士を養成。

少子高齢化が進み健康に対する関心が高まるなか、さらに質の高い病院前救急医療が求められています。本学科では救急現場に必要な高度な医学知識と救命技術を総合的に学び、即戦力となる救急救命士を養成します。

救急救命士とは…

病院までの患者の生命を繋ぐ救急医療の最前線に立つ専門職

一般の救急隊員には許されていない、心肺停止などの重症傷病者を助けるために必要な処置などを救急救命士は行う事ができます。救急救命処置による初期治療により、救命率の向上や、後遺症など二次障害発生の危険性も防ぐ役割を担っています。
養成施設において厚生労働大臣が指定した公衆衛生学、医学概論、解剖学、生理学、看護学概論、内科学、外科学、整形外科学、脳外科学、精神医学及び臨床実習などの専門科目を履修し国家試験に合格すると、厚生労働大臣免許の「救急救命士」となります。
医師の指示のもとに、救急救命処置を行うことができる救急救命士は、救急車等に乗車して救急現場に向かい、傷病者に観察・処置を施しながら医療機関まで搬送する、プレホスピタルケア(病院前救護)を担っています。救急車の出動回数が年々増加する現代社会で、高度な医学的知識と高い技術を持った救急救命士の活躍が期待されています。

資格・進路

目指せる資格と卒業後の進路

取得可能な資格

  • 救急救命士
  • 中学校・高等学校教諭第一免許状
    (保健体育)
  • 健康運動実践指導者
  • スポーツプログラマー
  • ジュニアスポーツ指導員
  • ※星槎大学科目等履修生制度を利用

卒業後の進路

公務員

  • 消防署
  • 警察署
  • 海上保安庁
  • 自衛隊

教育機関

  • 中学校・高等学校の保健体育教員

医療機関

  • 救命救急センター等の医療機関