最新情報

2021-11-02読書ラリー2021 第2弾

読書冊数に応じてノベルティ(文具)をプレゼントする読書ラリー企画 第2弾を開催します。詳しくは、こちら

開催日程 2021年11月1日(月)~11月30日(火)※なくなり次第終了

参加方法

  • 貸出図書1冊につき、1ポイントGET
  • 5ポイントで付箋・マーカーペンを入手できます。

この企画は、学生の読書活動を推進する企画です。

2021-11-0211月 土日の開館日のお知らせ

土日の開講日は以下のとおり開館いたします。

≪スクーリング開館≫

・2021年11月13日(土) 9:00-16:30

・2021年11月14日(日) 9:00-16:30

2021-11-0211月 新着図書のご案内

新着図書案内2021年11月をご覧ください。

図書館本棚(ブクログ)で新着図書を紹介しています。

2021-10-28メディカルオンライン【イーブック】トライアル

【実施期間】2021年10月1日~2022年1月31日

≪メディカルオンライン≫ ※学内アクセス

https://www.medicalonline.jp/
上部[電子書籍]のタブをクリックしてください。
期間中は「電子書籍」ページで電子書籍の閲覧が可能です。

2021-10-28図書館News 10月号

明治国際医療大学附属図書館の最新情報を公開しました。
こちらからご覧ください。

2021-10-1510月 開館予定日のお知らせ

通信制大学院スクーリング開講日は以下のとおり開館いたします。

≪スクーリング開館≫

・2021年10月16日(土)  9:00-16:30

・2021年10月17日(日)  9:00-16:30

2021-10-01第1回 図書館POPコンテスト

図書館では、10月1日から利用者参加型のイベントを開催します。

【第1回 図書館POPコンテスト】

第1回図書館POPコンテストポスター_page

図書館が所蔵する図書の中からおすすめの図書を紹介するPOP作品を募集します。

応募作品は、学内でのWeb投票により審査されます。

賞 品

  • 最優秀賞(賞状・図書カード5,000円分)
  • 優秀賞    (賞状・図書カード3,000円分)  等

この企画は、学生の皆様の読書活動を推進する企画です。
詳細はPOPコンテスト応募要領2021をご覧ください。ご応募をお待ちしております。

2021-09-30医中誌Web 臨時リモートアクセス【10月31日迄】

医中誌Webのリモートアクセスは、2021年10月31日をもって終了します。

引き続き、医中誌は学内ネットワーク環境からご利用いただけます。

https://search.jamas.or.jp/

2021-09-28Maruzen eBook Library 新着図書の紹介

Maruzen eBook Libraryを導入しました。以下は、新しく所蔵した電子書籍のタイトルです。
学内ネットワークやリモートアクセスでご利用いただけます。(同時アクセス1名)

自宅やスマホタブレットからの接続は、リモートアクセス・ご案内をご覧ください。

タイトル名 著者名 出版社名 出版年
ツボ単 (ツボタン) ―経穴取穴法・経穴名由来解説・腧穴単語集― 坂元, 大海 丸善 2011
感染症クリスタルエビデンス 感染対策・予防編 ―こういうときはこうする!― 岡秀昭 金芳堂 2020
はじめての精神科看護 改訂2版(カラービジュアルで見てわかる!) 浅香山病院看護部 メディカ出版 2020
消化器の治療と検査サクッと攻略!はやわかりデータベース ―定番+最新処置のケアの知識をチェック&アップデート―(消化器ナーシング 2020年春季増刊(通巻324号)) 篠原, 尚 メディカ出版 2020
はじめての看取りケア ―病棟・在宅・救急外来・災害現場のケアと支援― 山﨑智子 メヂカルフレンド社 2020
会話分析でわかる看護師のコミュニケーション技術 川野, 雅資 中央法規出版 2018
救急外来 ―ただいま診断中!― 坂本, 壮 中外医学社 2015
輸液のコツとポイント ―原則から処方の具体例までわかる―(Bunkodo Essential & Advanced Mook) 畑 啓昭 文光堂 2012
図解ワンポイント病理学 第2版 岡田 英吉 サイオ出版 2021
力学で読み解くからだの動き ―動作理解のための基礎バイオメカニクス― 関屋 昇 三輪書店 2019

Maruzen eBook Library 図書リスト(PDF版)

2021-09-02ハゲタカジャーナルの注意喚起

近年、粗悪なオープンアクセスの科学雑誌が問題になっています。オープンアクセスのビジネスモデルを悪用して著者が支払う論文投稿料を騙し取られるトラブルやハゲタカジャーナルに論文が掲載されていることで、著者や著者の所属研究機関の評価・信頼が損なわれるといったことが指摘されています。

また、実在の学会やジャーナルの名を騙り投稿を呼びかける偽ジャーナルサイトも報告されています。

被害を防ぐために、論文を投稿予定の先生方におかれましては、雑誌や出版社の信頼性ご確認いただき、十分にご注意ください。

詳しくは、ハゲタカジャーナルの注意喚起【特設サイト】をご覧ください。

gキャプチャ