ハゲタカジャーナルの注意喚起

近年、粗悪なオープンアクセスの科学雑誌が問題になっています。オープンアクセスのビジネスモデルを悪用して著者が支払う論文投稿料を騙し取られるトラブルやハゲタカジャーナルに論文が掲載されていることで、著者や著者の所属研究機関の評価・信頼が損なわれるといったことが指摘されています。

また、実在の学会やジャーナルの名を騙り投稿を呼びかける偽ジャーナルサイトも報告されています。

被害を防ぐために、論文を投稿予定の先生方におかれましては、雑誌や出版社の信頼性ご確認いただき、十分にご注意ください。

詳しくは、ハゲタカジャーナルの注意喚起【特設サイト】をご覧ください。

gキャプチャ

カテゴリー: その他   パーマリンク