資料請求

メニュー

沖 和久Oki Kazuhisa

専門分野:スポーツ外傷、柔道

柔道整復師の仕事は、ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷)を治す専門職です。
国家試験に合格すると柔道整復師になりますが、資格を取得しても臨床で活躍できるとは限りません。本大学では専門的な知識と技術はもちろんですが、卒業後に即戦力として活躍できる人材を育成するために、臨床実習をはじめとする実技教育を徹底的に指導しています。大学生活を通じて社会および国民の健康に貢献する医療従事者としての自覚を養い、自ら道を切り開くことができる力を身につけ、人から信頼される心豊かな医療人となれるよう共に勉強しましょう!

所属
柔道整復学講座
職名
講師
学位
修士(体育学)
担当科目 包帯学実習
柔道Ⅲ
臨床整復学実習Ⅴ
研究テーマ スポーツ外傷調査
大学生柔道選手における膝の怪我調査
国際比率からみた柔道選手が求める指導者のリーダーシップ像
研究のキーワード スポーツ外傷、柔道、膝関節
主要所属学会 日本柔道整復接骨医学会
日本武道学会
日本武道学会関西支部
社会活動 全日本柔道連盟形強化選手
その他 <取得資格>はり師・きゅう師、柔道整復師、柔道整復師専科教員、講道館柔道三段、応急手当普及員
<その他>明治国際医療大学男子柔道部コーチ、明治東洋医学院専門学校柔道部コーチ

研究活動

演題 単・共 学会名 開催年・月
柔道実技における技術指導について-安全な受け身姿勢の習得に関する技術指導- 令和元年度日本武道学会関西支部 2020年2月
大学生柔道選手における膝の怪我調査 第52回日本武道学会 2019年9月
柔道実技における背負投の技術指導について
-背負投に対する受け身の方法についての考察-
公益社団法人全国柔道整復学校協会教員研修会 2019年8月
大学生柔道における膝の怪我調査 平成31年度日本武道学会関西支部 2019年2月
大学生柔道選手における怪我に関するアンケート調査 平成31年度日本武道学会関西支部 2019年2月
Injury of College Judo Athlete 日本武道学会第50回記念大会(第2回国際武道会議) 2017年9月
介護予防のための機能訓練教室に通う高齢者の口腔機能と運動機能の特徴 公益社団法人日本柔道整復師会 第38回近畿学術大会兵庫大会 2013年11月

著書・論文

表題 単・共 掲載誌など 掲載年・月
国際比率からみた柔道選手が求める指導者のリーダーシップ像-全日本強化指定、大学ならびに回外柔道選手を対象として- 関西武道学研究 26(1) 2020年3月
大学生柔道における膝の怪我調査 関西武道学研究 26(1) 23-25 2020年3月
大学生柔道選手における怪我に関するアンケート調査 関西武道学研究 26(1) 2020年3月
Injury of College Judo Athlete 日本武道学会第50回記念大会(第2回国際武道会議) 2017年9月