資料請求

メニュー

泉 晶子Izumi Akiko

専門分野:柔道整復学、3次元動作解析

まだまだ男性の職としてのイメージが強い柔道整復師ですが、本学で学ばれている学生さんにも、卒業生の先輩にも女性の方はたくさんいらっしゃいます。また、世の中では女性柔道整復師が女性を施術する場も求められています。私もその一人として、「女性の柔道整復師にもできる」ではなく、「女性の柔道整復師だからこそできる」ことを学生さんに伝えていければと思います。勉強はもちろん、学生生活についても不安な学生さんがいらっしゃったら、何でも相談してくださいね。

所属
柔道整復学講座
職名
助教
学位
学士(柔道整復学)
担当科目 柔道整復師のための骨学・筋学
体表解剖学
整復学・実習
徒手療法学総論・各論 他
研究テーマ 柔道整復学教育に関して
柔道整復学実技動作を客観的に評価する方法について
研究のキーワード 柔整教育、実技動作、3次元動作解析
主要所属学会 日本柔道整復接骨医学会、日本スポーツ整復療法学会

研究活動

演題 単・共 学会名 開催年・月
包帯施行方法の違いは圧迫圧にどのような影響を及ぼすか(第2報) 日本スポーツ整復療法学会 2016年
テーピング施行時の圧迫力による関節可動域の影響について. 日本スポーツ整復療法学会 2016年
大学生における足部アライメントの調査 日本スポーツ整復療法学会 2016年
通常歩行と足裏刺激歩行時の筋活動 日本スポーツ整復療法学会 2016年
臨床経験の違いが包帯操作に及ぼす影響 日本柔道整復接骨医学会 2016年