資料請求

メニュー

佐藤 裕見子Sato Yumiko

専門分野:地域看護学、公衆衛生学、ヘルスプロモーション

大学のある南丹地域は、緑豊かな田園地帯が広がり、地域文化が住民の皆さんの手で守られ、支え合う気風も強い個性的で奥深い地域です。また、地域の保健医療福祉従事者のネットワークも進んでいる地域でもあります。このような環境のなかで、豊かな感性をみがき、看護の理論的学習を深めるとともに、臨地実習では、地域の皆様から学び様々な機関における看護の実際を体験し、科学的な思考に基づく判断能力と実践能力を養うとともに真の看護について深めてほしいと思います。そのための土壌は整っていると確信しています。

所属
生活支援看護学講座
職名
教授
学位
-
担当科目 公衆衛生看護学概論・実習
公衆衛生看護活動論
産業保健論
ヘルスプロモーション 他
研究テーマ 地域看護学
住民主体のヘルスプロモーションに関する研究
研究のキーワード 睡眠障害、生活習慣病予防、転倒予防、地域包括ケア、 QOL、地域差、住民主体
主要所属学会 日本公衆衛生学会、セーフティプロモーション学会、日本看護協会、京都府看護協会、地域看護学会
社会活動 京都府看護協会第二副会長、京都府地方分権一括法にかかる福祉施設等の基準検討委員会委員、京都府がん対策推進検討会委員、亀岡市行政改革推進検討会委員、社会福祉法人青葉学園運営委員会委員
その他 <取得資格>保健師、看護師、養護教諭1級
<役職>南丹市健康づくり推進協議会委員、南丹市医療審議会委員、亀岡市行政改革推進委員会委員、社会福祉法人青葉学園運営委員

研究活動

演題 単・共 学会名 開催年・月
地域住民の睡眠障害に対する漸進的筋弛緩法の効果 日本回統合医療学会 2016年
地域住民の睡眠障害に対する生活リズム健康法の効果 日本公衆衛生学会 2016年
防災に対する住民の意識と地域づくりー総合防災訓練の参加者の調査結果 日本公衆衛生学会 2016年

著書・論文

表題 単・共 掲載誌など 掲載年・月
保健師ジャーナル「研究室からのメッセージ」 医学書院 2017年
地域住民の主観的健康感及び生活満足度と健康関連因子の関連 日本健康医学会 2016年