資料請求

メニュー

樋口 敏宏Higuchi Toshihiro

専門分野:脳神経外科学、磁気共鳴医学、救急医学

平成29年度から救急救命学科長として、救急現場で即戦力として働くことのできる、心豊かな救急救命士を育成することを目的にカリキュラムをスタートさせます。これまで脳神経外科医、救急科専門医として医療に関わってきた経験をもとに、救急の最前線で活躍する救命救急士を育成します。研究では、脳の代謝や機能を磁気共鳴装置(MRI)を用いて解析しています。特に、fMRIと呼ばれる脳の活動を画像化する方法を用いて脳機能の解析を行っています。毎週火曜日は付属病院で脳神経外科の外来を行っています。病院実習では外来や病棟での診療を 実習してもらいます。

所属
脳神経外科学
職名
学科長、教授
学位
博士(医学)
担当科目 脳神経外科学
疾病治療論Ⅰ
外科系Ⅰ臨床各論
大学の教育と研究 他
研究テーマ 磁気共鳴装置(MRI/MRS)を用いた脳機能・脳代謝・内臓機能・骨格筋機能・骨格筋代謝の研究
研究のキーワード MRI、MRS、function、metabolism brain
主要所属学会 日本脳神経外科学会 日本磁気共鳴医学会 全日本鍼灸学会 日本救急医学会 日本神経内視鏡学会

研究活動

演題 単・共 学会名 開催年・月
Neural substrate of the correspondence between abstract auditory and visual information: an investigation through cross-modal multivariate pattern analysis Neuroscience 2016年11月
The visualization of muscle contracting region comparing between LFEA and percutaneous electrical stimulation. International Conference of World Federation of Acupuncure-Moxibustion Societies 2016年11月
A Combined fmri-MRS Study of Interhemispheric Inhibition in The Human Sensory Cortex. International Conference on Complex Medical Engineering 2016年8月
Therapeutic modulation of somatosensory evoked response in pain-related cortex on chronic lumbago. International Society for Magnetic Resonance in Medicine 2016年5月
Acupuncture Stimulation changes DMN functional connectivity. International Society for Magnetic Resonance in Medicine 2016年5月

著書・論文

表題 単・共 掲載誌など 掲載年・月
Inter‐hemispheric desynchronization of the human MT+ during visually induced motion sickness. Exp Brain Res. 2015年10月
Diffusion-weighted Line-scan Echo-planar Spectroscopic Imaging Technique to Reduce Motion Artifactgs in Metabolite Diffusion Imaging. Magn Reson Med Sci. 2014年10月
Activity in early visual areas predicts interindividual differences in binocular rivalry dynamics. J Neurophysiol. 2013年12月
Relationship between preoperative magnetic resonance imaging and surgical findings: aneurysm wall thickness on high-resolution T1-weighted imaging and contact with surrounding tissue on steady-state free precession imaging. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013年5月
Deconvolution analyses with tent functions reveal delayed and long-sustained increases of BOLD signals with acupuncture stimulation. Magn Reson Med Sci. 2013年5月