資料請求

メニュー

伊藤 和憲Ito Kazunori

専門分野:慢性疼痛(特に筋骨格系の痛み)に対する鍼灸治療、脳神経外科領域における鍼灸治療、神経生理学

治療者として患者さんから信頼される医療人になるためには、教科書の知識だけでなく、様々な経験を積む必要があります。本学では、他の大学にない様々な経験の場(附属病院や鍼灸センターなど)があり、4年間共に学ぶことで皆さんを信頼される医療人へとサポートいたします。

所属
はり・きゆう学講座
職名
学部長、鍼灸臨床部長、産学官連携推進センター長、アスリートサポートセンター長補佐
学位
博士(鍼灸学)
担当科目 キャリアデザイン
臨床鍼灸医学特論
附属鍼灸センター実習
臨床鍼灸学実習(外科系) 他
研究テーマ 筋痛疾患の基礎と臨床  特に、筋・筋膜疼痛症候群(腰痛・頚部痛・肩痛・頭痛・顎関節症など)や線維筋痛症に対する鍼灸治療の臨床試験と作用機序に関する基礎的研究
トリガーポイントに関する研究(基礎・臨床)
予防・健康維持としての養生学の構築
研究のキーワード 筋痛、慢性疼痛、トリガーポイント、線維筋痛症、筋・筋膜疼痛症候群、養生学、セルフケア、地域医療
主要所属学会 (社)全日本鍼灸学会、国際疼痛学会、国際筋痛学会、慢性疼痛学会、日本ペインクリニック学会、日本疼痛学会、日本線維筋痛症学会、日本体力医学会、日本東洋医学会、日本生理学会、日本補完代替医療学会(幹事)他
社会活動 社)全日本鍼灸学会 理事、日本補完代替医療学会 幹事、エビデンスに基づく統合医療研究会 理事
その他 <取得資格>はり師、きゅう師、全日本鍼灸学会 認定鍼灸師 、日本慢性頭痛学会 慢性疼痛専門鍼灸師

研究活動

演題 単・共 学会名 開催年・月
生理随伴症状に対して家庭で腹部に温熱刺激を行うことの意義 日本慢性疼痛学会 2017年2月
中年期における鍼灸治療 筋筋膜性疼痛や線維筋痛症に対するトリガーポイント鍼治療について International Conference of World Federation of Acupuncture-Moxibustion Societies. 2016年11月
Randomised trial of the electrical acupuncture treatment on fibromyalgia: A preliminary study for a pragmatic trial. Interbational Conference of World Frederation of Acupuncture 2016年11月
鍼手技の違いが線維筋痛症患者の痛みに及ぼす影響 全日本鍼灸学会学術大会 2016年5月
これからの日本の医療を担う鍼灸とは? 疼痛医療から将来の医療に必要な鍼灸師像を想像する 病気の物差しをどのように変えるか? 全日本鍼灸学会学術大会 2016年5月
 

養生学寄附講座ホームページリンク

著書・論文

表題 単・共 掲載誌など 掲載年・月
ツラい肩こりや痛みを治したい Tarzan 2017
未来の鍼灸師のために今やるべきこと. 1.本邦における医療の現状 鍼灸柔整新聞 2017
未来の鍼灸師のために今やるべきこと. 2. 医学の進歩は医療費削減に繋がるのか? 鍼灸柔整新聞 2017
線維筋痛症患者に対する耳介刺激の有効性の検討 変形性膝関節症に対する温熱サポーターの効果. 2016
変形性膝関節症に対する温熱サポーターの効果. 変形性膝関節症に対する温熱サポーターの効果. 2016