資料請求

メニュー

福田 文彦Fukuda Fumihiko

専門分野:内科系疾患、緩和医療、心の病に対する鍼灸、脳報酬系に対する鍼灸刺激

みなさん、ストレスを感じることはありませんか。ストレスは体調を崩す大きな原因です。でも、同じストレスを感じていても体調を崩す人と崩さない人がいるのはなぜでしょうか?
それは、人によってストレスへの抵抗力(考え方、性格、体力、健康状態など)が異なるからです。では、ストレスによって体調を崩している人に対して鍼灸師は何ができるのでしょうか。その人の話を聴くことにより、ストレスの整理やカウンセリング効果を導くこと、その人にとって最善の医療をアドバイスすること、鍼灸治療により体調を改善することができます。
病める患者さんにとって最善の医療を考え、実践する力を養うのが、明治国際医療大学の鍼灸学部です。

所属
はり・きゆう学講座
職名
特任教授
学位
博士(鍼灸学)
担当科目 臨床鍼灸学Ⅱ
臨床鍼灸学実習Ⅱ
経絡経穴学実習
メンタルスヘルスケア 他
研究テーマ 鍼・灸刺激の脳報酬系に及ぼす影響
ストレス反応・疾患(心の病)に対する鍼・灸刺激の効果
緩和医療における鍼灸治療の効果
がん化学療法の副作用に対する鍼灸治療の効果
内科系疾患に対する鍼灸治療の効果
研究のキーワード ストレス、心の病、緩和医療、がん治療の副作用、補完医療、脳報酬系
主要所属学会 全日本鍼灸学会、日本東洋医学会、日本緩和医療学会、Society for Integrative Oncology、eBIM研究会

研究活動

演題 単・共 学会名 開催年・月
がん治療の副作用に対する鍼灸治療(シンポジウム) 第81回日本温泉気候物理医学会 2016年5月
放射線療法後の頭頸部がん患者の鍼治療の効果に関する検討 eBIM研究会 2016年9月
鍼灸刺激が脳内モノアミンに及ぼす影響-ブレインマイクロダイアリシス法を用いた研究の文献調査- eBIM研究会 2016年9月
The effectiveness of acupuncture in the treatment of Paclitaxel-induced peripheral neuropathy. International Conference of World Federation of Acupuncture-Moxibustion Societies, Tokyo/Tsukuba 2016 2016年11月
Acupuncture treatment for a case of lung cancer at terminal stage - A case whose suffering was shared with the therapists-. International Conference of World Federation of Acupuncture-Moxibustion Societies, Tokyo/Tsukuba 2016 2016年11月
External Validity of Medical Communication Skills Scale for Acupuncture. International Conference of World Federation of Acupuncture-Moxibustion Societies, Tokyo/Tsukuba 2016 2016年11月

著書・論文

表題 単・共 掲載誌など 掲載年・月
hthoff徴候を呈した多発性硬化症に対する鍼治療の1症例 全日本鍼灸学会雑誌 2016年6月
鍼灸師を対象とした医療コミュニケーション・スキル尺度の開発 全日本鍼灸学会雑誌 2014年5月
緩和ケアと鍼灸 緩和ケアにおける鍼灸治療の効果-EBMの視点から- 全日本鍼灸学会雑誌 2014年2月
薬物性肝障害のために抗うつ薬中止を余儀なくされたうつ病患者に対する鍼治療 全日本鍼灸学会雑誌 2013年6月
大規模災害の後遺障害に対する統合医療的アプローチ 日本統合医療学会誌 2013年
がん化学療法に伴う末梢神経障害に対する鍼治療 現代鍼灸学 2012年