資料請求

メニュー

木村 啓作Kimura Keisaku

専門分野:スポーツ医学 スポーツ鍼灸学

高校時代に強豪校でサッカーをしていたこともあり、腰と股関節を痛めボールを蹴ることすらできなくなってしまった時に鍼灸と出会いました。鍼灸の効果は目を見張るものがあり、予定よりも早く競技に復帰できた時の喜びを今でも鮮明に覚えています。本学では、はり師・きゅう師の国家資格に加え、スポーツ資格取得に重点を置いたカリキュラムも導入されています。2020年には日本でオリンピックが開催されることが決定し、今後、ますます増えていく選手のニーズに応えるべく、我々と一緒に日本鍼灸の魅力をアピールしていきましょう!

所属
はり・きゆう学講座
職名
講師
学位
博士(鍼灸学)
担当科目 3年次附属鍼灸センター実習入門
4年次附属鍼灸センター実習
4年次応用鍼灸学特論IV
臨床鍼灸医学特論(大学院) 他
研究テーマ 施術者が患者の体表から知覚する硬さ情報の基礎的研究
MRIを用いた筋内水分子の移動能について
スポーツ選手のコンディショニングに対する鍼灸治療の効果
中高齢者における健康管理についてーサルコペニア、フレイル、ロコモティブシンドロームに着目してー
研究のキーワード 筋の硬さ、筋血流、筋内水分子、サルコペニア、ロコモティブシンドローム
主要所属学会 日本磁気共鳴学会、日本体力医学会、日本健康科学学会、全日本鍼灸学会、NPO法人JATAC、日本スポーツ整復療法学会、NSCA

研究活動

演題 単・共 学会名 開催年・月

骨格筋電気刺激の筋疲労モデル作成と硬さ連続 測定での筋疲労評価
全日本鍼灸学会学術大会 2017年

足三里LLLT照射が電気刺激筋疲労モデルの硬さ 変化に及ぼす影響 


日本レーザー治療学会大会
2017年

Muscle characteristic of the female soccer players and the motivation between the leader and players.

The journal of physical fitness and sports medicine
2017年

Analysis of skeletal muscle aging and exercise habits.

The journal of physical fitness and sports medicine
2017年

Performance analysis during a soccer match by college women's soccer players.

The journal of physical fitness and sports medicine
2017年

著書・論文

表題 単・共 掲載誌など 掲載年・月

鍼通電刺激がラット下腿筋群の筋血流量に及ぼす影響 共 ー低頻度および高頻度鍼通電刺激の相違とATPおよびADPの関与ー 

明治国際医療大学誌 

2017年
低レベルレーザー照射による筋疲労の予防と回復 日本レーザー治療学会誌 2017年