資料請求

メニュー

入試Q&A

AO・推薦系入試は専願制ですか?
一般入試、センター試験利用入試、社会人入試および推薦入試(併願制)は、他校との併願が可能です。
推薦入試の専願・併願の区分は出願時に選択してください。
AO入試とはどのような入試ですか?
AO入試は、学力考査では計りきれない、本学で学びたいという意思を尊重する入試制度です。このことから、オープンキャンパス等に参加し、模擬授業および個別相談を受け、本学で学ぶ内容を理解し出願することを推奨しています。
指定校推薦入試とはどのような入試ですか?
本学が指定した高校在籍者を対象とした入試で、高等学校長の推薦が条件となります。過去の受験実績等を考慮し、本学の教育理念をご理解いただく高等学校の進路指導部に直接ご案内していますので、詳細は高校の進路担当の先生に確認してください。
センター試験利用入試とはどのような入試ですか?
大学入試センター試験で本学が指定する教科・科目の成績の結果により合否を判定する入試です。
(注)平成29年度以前の成績を利用される場合は、大学入試センターへの事前申請が必要です。
AO入試での出願を考えていますが、特待生選抜に加われますか?
AO・推薦系入試および社会人入試で既に入学が決まっている方についても、一般入試A日程の学科試験を受験、または大学入試センター試験の必要科目の成績を提供することで特待生選抜に無料で加わることができます。
面接試験で評価されるポイントは何ですか?
面接試験では、志望動機や意欲、また入学に際しての適性等を評価しますので、普段どおりの自分を出す事に心掛けてください。
社会人入試は一般入試とどう違うのですか?
社会人入試は、高等学校や大学・短大等を卒業後、一度社会に出てから大学教育を受けたいと考える方に対し実施する入試制度です。このことから、学科試験を課さず、また、仕事を持つ社会人の方々のご都合を考え、全入試日程で若干名の特別枠をもって試験を実施します。(救急救命学科を除く)
過去の入試問題を入手できますか?
入試事務室までお申し込みください(無料)。
※お問い合わせ先(入試事務室〔直通〕0771-72-1188)
※メールでのお問い合わせはこちらよりお願いします。

前年度の一般入試試験問題(英語・生物基礎・化学基礎・物理基礎・国語)をお送りいたします。なお、過去3年間の小論文テーマはここをクリックしてください。
一般入試とセンター試験利用入試を併願することはできますか?
一般入試とセンター試験利用入試とは併願可能です。大学入試センター試験で実力が発揮できなかった方など、チャレンジしてください。なお、一般入試とセンター試験利用入試を併願された場合の受験料は3万円となります。
選択科目によって有利・不利はありませんか?
科目間における大幅な難易差が出ないよう、また、有利・不利が生じないよう十分配慮しますので、最も得意な科目で受験してください。
選択科目は、当日の選択が可能ですか?
一般入試の選択科目及び柔道整復学科・鍼灸学科のAO入試の選択科目は、試験当日、出題内容を見て選択して下さい。なお、複数の科目を解答されても、解答用紙提出の際に1科目だけを選択していただきます。
高卒認定の場合、提出する調査書(成績証明書)はどうなりますか?
大学入学資格を高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)で得られている場合は、高卒認定の成績証明書を提出してください。
試験会場の下見はできますか?
本学構内の下見は可能です。学外会場は一般施設を借用しているため下見はできませんが、会場までの交通機関や所要時間等を事前確認しておいてください。
入学資格審査を行っていますか?
「高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成30年3月31日現在で18歳に達するもの」には、個別の入学資格審査の結果により大学入学資格を認めています。なお、申請期限は、受験を希望される各入学試験において、出願開始の1カ月前までとなっていますので、受審を希望される場合は、ゆとりをもってお申し込みください。
複数の学部を併願することはできますか?
全ての学部学科において、同日実施の試験については併願が可能です(専願制を除く)。なお、一般入試とセンター試験利用入試を同時受験することも可能です。
受験票が届かない場合や紛失破損した場合の対応を教えてください。
受験票未着の場合や紛失・破損等が生じた場合は、事前に入試事務室までご連絡ください。なお、受験票送付用封筒記載の住所に送付しますので、誤記入等がないよう充分ご確認のうえご提出ください。
合否はどのようにして知ることができますか?
合格発表日の午後1時に学内掲示・ホームページにて発表します。また併せて選考結果通知書を郵送します。なお、試験当日に会場近辺で合否電報の受付が行われていることがありますが、本学とは一切関係ありませんのでご留意ください。
入学手続き時の学納金納付について説明してください。
入学手続き時の学納金納付は、一括納入でお願いしています。指定の期間内に入学金と前期分の授業料・施設設備費等を納入してください。また、入学手続き後、入学を辞退される場合は、平成30年3月30日(金)までに所定の手続きを行ってください。入学金を除く学納金を返還いたします(専願制入試を除く)。なお、学納金納付に係るご相談は、入試事務室までご連絡ください。
大学の施設見学はできますか?
随時受け付けていますので、電話等で訪問日程等をご連絡ください(休業日を除く)。担当者が学内を案内しご質問等にお答えします。(入試事務室:0771-72-1188 [直通])
試験当日、昼食の準備は必要ですか?
試験時間をご確認のうえ、必要に応じご準備ください。なお、本学では附属病院内にレストランがあり、利用できます。学外の試験会場の場合も、近くにレストラン等がある場合は利用ができますが、お弁当等の持参をお薦めします。
スポーツスカラシップ入試とはどのような入試ですか?強化指定クラブ以外のスポーツでも受験できますか?
スポーツスカラシップ入試は、指定強化クラブである陸上競技(男女)、サッカー(女子)、バレーボール(男女)、剣道(女子)、柔道(男女)または強化指定クラブ以外のスポーツ課外活動において、好成績を残した者を出願基準としており、当該競技を続けることが入学の条件となります。また、競技成績により、奨学金給付額が異なります。
なお、本入試の出願に際し、必ず本学スポーツ振興プロジェクト担当者との面談が必要となります。
新体力テスト測定証明書とは、どのようなものですか?
高等学校などで実施される「新体力テスト」握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、持久走または 20mシャトルラン、50m走、立ち幅とび、ハンドボール投げの8種目の結果について、出身学校長の証明を受けて下さい。
AO入試の小論文と学習到達度検査はどの時点で選択するのですか?(柔道整復学科・鍼灸学科のみ対象)
小論文と学習到達度検査は、試験当日、出題内容を見て選択して下さい。
姉妹校である明治東洋医学院専門学校との併願は可能ですか?また、どちらも合格した場合の学納金はどうなりますか?(柔道整復学科・鍼灸学科のみ対象)
明治東洋医学院専門学校に合格し、入学手続き完了後、姉妹校である本学に合格された場合等は、所定の手続きにより、既に納付された学納金を本学の学納金として充当します。詳しくは入試事務室までお問い合わせください。