資料請求

メニュー

進路支援

4年間のキャリアプログラム

高い求人実績を背景に、本学では実際の就職活動よりも、その準備期間を大切にしています。1・2年次はしっかりと学業に集中し、本格的な活動は3年次前期から。個人面談などを通じて、進路のみならず、目標実現に向けた将来設計を明確に描いていきます。

1・2年次

まずは学業に専念し、基礎知識・技術の習得を目指します。また、入学後の間もない時期に医療現場を見学する「早期臨床体験学習(アーリーエクスポージャー)」を実施しています。これによって医療人としての自覚を高め、学習意欲の向上を図ります。

3年次

学外実習や職場見学、合同就職説明会、卒業生講演会への参加を通じ、多彩な仕事や生き方を理解し、キャリア設計の参考にします。年初に進路ガイダンスがあります。また、マナー講習会で面接の作法や就職して社会人として知っておくべきマナーを学びます。

4年次

いよいよ本格的なキャリア設計・就職活動がスタート。決定までの間、ゼミ担当教員や進路担当者と何度も面接を行い、最適な進路を選びます。

進路支援

本学の進路支援は、徹底した「個人カウンセリング方式」。治療院や病院などへの就職か、本学大学院をはじめとする進学か? ゴールは開業か、それとも研究者や教員か? 学生一人ひとりの適性を的確に捉え、「10年先の将来設計」をアドバイスしています。 そのため、就職も進学もふまえ、幅広い進路選択ができます。

支援体制

キャリア支援室

本学では、学生の就職活動をサポートする「キャリア支援室」を設置しています。求人情報をリアルタイムで検索できるコンピューター端末を設けているほか、進路相談も受け付けています。データだけでは分からない求人先の魅力や可能性を、学生の希望をふまえて精査し、理想的な求人先を紹介。開業を目指す学生に、将来設計のアドバイスも行っています。また、キャリアップを目指す卒業生 に求人情報を提供し、転職や再就職支援が決まるまで積極的にサポートを行っています。

  • 進路ガイダンス

    就職希望者に対し、年間複数回開催しています。就職に関する心構えのほか、夏期休暇中の職場見学のルール、社会人として必要なマナー講習など、毎回充実した内容です。

  • 職場見学

    治療院や病院の就職試験前に、相手先を訪ね、仕事内容や職場の雰囲気にふれることができます。自分に合う職場かを丁寧に見極めることで、より希望に近い就職ができます。また、就職後のミスマッチや早期離職を防ぐことに繋がります。

  • ビジネスマナー講習会

    社会人のマナーとして必要な、基本的な身だしなみ、正しいお辞儀の仕方、敬語の使い方や、面接の際の入室から、面接官とのやりとり、退室までを学べます。受講前と後で、学生の意識が変わり、面接官の印象アップにつながります。

  • 卒業生講演会

    医療現場で活躍している卒業生からの講演により、職業意識を身につけ、医療人としての目標と今後の学修意欲の向上を図ります。

  • 合同就職相談会(柔道整復学科・鍼灸学科)

    医療施設と学生が直接対話できる場を提供することにより、事業主や現場で活躍中の先生方の話を聞くことができ、就職に関する情報を収集する絶好の機会となります。

内定者インタビュー

就職活動に早すぎるということはありません。とにかく早く動き出しましょう。

7月上旬から就職活動を始め、内定をいただいたのが10月1日。大学主催の就職相談会までに就職を決めたくて早くから活動しました。情報源はキャリア支援室にある求人。また、学科の先生や卒業した先輩にも相談したりしました。それらの情報を元にいろんな接骨院を見学し、話を聞いたのが早い内定につながったのだと思います。したいことが決まっている人はどうすればそれができるかを考え、決まっていない人は、興味のあること全部を視野に行動するのがいいと思いますよ。

初谷 梨紗
保健医療学部柔道整復学科/京都府朱雀高等学校出身

ひとりでも多くの人を笑顔にしたい。目標を持ち続けることで自然と道が開けました。

就職先を決めたのは、実は入学前。予備校の先生と話し合って宇治徳洲会病院の奨学金を受けることを決め、その4年後、晴れて内定となりました。母親が看護師ということもあり、子どものころから人の役に立つ仕事をと考えていて、また、将来は救命救急で活躍したいという思いもあって、予備校時代からこの病院に勤めたいと思っていたので、無事内定をいただけてよかったです。勤務先でも人との出会いを大切に、向上心を忘れず常に笑顔で、自分に厳しくありたいと思います。

申 晟淵
看護学部看護学科/京都府京都朝鮮中高級学校出身

具体的な夢が決まっていなくても大丈夫。授業や実習を重ねるうち、目標は必ず見つかる!

入学後すぐに、病院が実施している奨学金制度の試験を受けて合格(内定)をいただきました。病院を決める際は、将来的に発達障害のある子や重症心身障害児の看護をしたいと考えていたので、大学事務にも相談して、小児科があっていろんな経験を積めそうな武田病院グループを選びました。ただ、私のように早くから具体的な目標が決まっていなくても大丈夫。4年間で必ず目標が見つかるし、先生方もいろいろサポートしてくれます。じっくり自分の道を見つけてください。

橋本 菜央
看護学部看護学科/京都府久御山高等学校出身

この大学なら就職に困ることはまずないです。ぜひ理想の就職先を見つけてください。

就職合同説明会ですごくいいなと感じた鍼灸整骨院があり見学に行きました。そこでさらに話をさせていただき、手技や鍼に重点を置き患者さん一人ひとりと向き合う治療スタイルにも共感したため面接を申し込もうとしたところ、その場で即採用の返事をいただけました。私のように“面接なし”は希かもしれませんが、この大学なら就職に困ることはないでしょう。でも、だからこそ、話を聞くだけでなく積極的に会話して、本当に自分に合った就職先か見極めることが大切だと思います。

浪岡 幸輝
鍼灸学部鍼灸学科/島根県隠岐高等学校出身