資料請求

メニュー

ご挨拶

理事長からのご挨拶

「和の精神」で人と社会をささえる

理事長 谷口 和彦

本学は1983年日本で初の四年制鍼灸大学として誕生し、2017年には救急救命学科も加わり、保健医療分野の総合大学として発展してきました。また、本学ならではのサポート体制のもと、アスリートとして活躍し、治療者として支える“スポーツメディカリスト“の育成にも力を注いでいます。
私たちは学院の理念として、思いやりをいしずえにした、人と人との繋がり「和の精神」をかかげています。人のからだやこころを思いやることで、真の医療人たるすばらしい人材が育つと信じてやみません。高い学識と広い見識を持ち、国内外で活躍できる人材を育成してまいります。どうか私たちと一緒に「和の精神」で真の医療人を目指しましょう。

学長からのご挨拶

21世紀に相応しい医療人の育成を目指す

学長 矢野 忠

本学は、東西両医学の融和を掲げ、21世紀に活躍できる医療人の育成を目指すユニークな医療系大学です。日本は超高齢社会・少子社会を迎えて、これからの社会環境は急速に変化します。それに伴い医療のかたちも大きく変わります。本学はそのことを先取りし、「和」の精神を以って社会で活躍できる医療人の育成を目指しています。人と人との和、人と自然との調和、そして東洋と西洋の融和、これら三つの「和」による建学の精神を基調として確かな医療人を育成するために附属病院、附属メディカルMRセンター、附属東洋医学研究所など多くの関連施設を設置し、また学生生活を満喫できるように数々の教育施設を備えています。ここでの学びを通して21世紀に求められる医療人への道を歩んでみませんか。