資料請求

メニュー

救急救命学科 3つのポリシー

ディプロマポリシー(学位授与方針)

 保健医療学部救急救命学科では、生命及び人間の尊厳を基盤に豊かな人間性を培うとともに、病院前救急医療に関する高度な専門知識及び技術を教授研究し、主体的に救急救命処置が実践できる力を養い、医療と地域社会に貢献できる質の高い救急救命士を養成する。

 本学科ではこの目標に基づき、次のような知識を身に付け所定の単位を修得した者に学士(救急救命学)の学位を授与する。

1. 知識・理解

  • 医療人の基盤となる高い教養を身につけている。
  • 現代医学の幅広い知識を有し、救急救命士に必要な基本的な知識と技術を修得している。

2. 思考・判断

  • 傷病者の重症度や緊急度を把握し、的確に判断し対応することができる。
  • 自ら探求すべき課題を見つけ、問題解決に取り組むことができる。

3. 関心・意欲

  • 病院前救急医療に関心を持ち、実践することができる。
  • 救急救命士の社会的使命を遂行し地域社会に貢献する意欲を持っている。

4. 態度

  • 人間性豊かで医療人としての倫理観と責任感に富む人格を身につけている。
  • 社会人としての常識と感性を身につけている。

5. 技能・表現

  • 基本的な病態把握と適切な救急救命処置ができるとともに高いコミュニケーション能力を身につけ、医療チームの一員としての役割を意識した行動ができる。
  • 救急救命士として高い身体能力を持ち、多様な状況下において的確な判断で救急・救助活動が実践できる。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施方針)

 保健医療学部救急救命学科では、学位授与に必要とされる能力(ディプロマ・ポリシー)を修得するために以下の方針で教育課程を編成する。

  1. 初年次から教養教育及び医療倫理教育を実施し、医療人としての幅広い教養と豊かな感性を備えるとともに高い倫理観を持つ人間性を育む。
  2. 自ら探求すべき課題を提起して問題解決に取り組む主体性を身につける。初年次から問題解決型の能動的学習により、チームで協力して問題を解決する能力を養う。
  3. 基礎医学、臨床医学の幅広い知識を身につけるため、低学年から現代医学の教育を導入するとともに、本学の特色を活かした科目群を配置する。
  4. 救急救命学の知識と技術を修得するための科目を各年次にバランスよく配置するとともに、将来の進路を展望した科目群を配置する。
  5. 救急救命士の社会的使命を理解し、地域社会に貢献する意欲を培う。そのために老人福祉施設での見学に始まり、救命救急センター等の医療機関や国内をはじめ海外での消防署実習などを通じて社会への関心や国際的な視野を育む。
  6. 身体能力の高い救急救命士になるためのさまざまな救助活動やスポーツイベントにおけるボランティア活動を体験させる。そのために事故・災害等に対する救助方法等に関する科目群及び健康とスポーツ、救護に関する科目群を配置する。

 本学科の教育課程は、教養系科目として『人間と社会』、『自然の科学』、『言語と情報』、『医学教養』の各分野に区分し、また、専門系科目として『現代医学』、『救急救命学』、『健康とスポーツ』の各分野に区分する。
 上記カリキュラム・ポリシーを実現させるため、それぞれの分野に必要な科目を配置し、以下のように教育課程を構成する。

1.教養系科目

 教養系科目では、『人間と社会』、『自然の科学』、『言語と情報』、『医学教養』に区分し、1年次を中心に医療人として倫理観と幅広い教養を修得できるような科目を配置する。

 『人間と社会』では、初年次教育として大学教育を受ける上で必要となる基礎知識の修得を目的とし、1年次前期に必修科目として「現代国語読解」、「基礎ゼミ」、「学習技法」を開設する。特に基礎ゼミでは、課題解決型の授業として、グループワークやプレゼンテーションを通して問題解決能力を養う。同じく1年次前期の「大学の教育と研究」では、本学の建学の精神、教学の理念、沿革、教育目標を理解し本学学生として求められる学修態度と姿勢を明確にする。「心理学」、「コミュニケーション論」では、心豊かな医療人として、患者の心理を可能な限り理解し、医療現場で必要となるコミュニケーションの方法を学修する。また、キャリア教育として、「キャリアデザイン」、「キャリア教育Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」を配置し、4年間を通し、医療従事者としてのキャリア育成のための理論や社会で必要とされる素養について学び、救急救命士として働くために必要となる倫理的思考や社会に関する基礎的な知識と科学的思考力を高める。

 『自然の科学』では、医療を実践する上で必要となる人体の構造と運動に関する力学特性、人体に関わる生物現象、環境問題に関わる化学、課題解決に必要となる統計的手法等を理解するため、「生き物の科学」を必修とし、「物質と自然の科学」、「物質の反応」、「データ解析法」を選択必修科目として開設する。

 『言語と情報』では、訪日外国人旅行者の増加に伴い、国際的な感覚を有した医療人の育成のため「英語Ⅰ、Ⅱ」「医療人のための英語Ⅰ、Ⅱ」、「英語コミュニケーション」、「中国語」、「フランス語」を開設する。また、医療人として聴覚障害者とのコミュニケーションを円滑に行うことができるよう「手話」の授業を開設する。なお、「英語Ⅰ、Ⅱ」及び「医療人のための英語Ⅰ、Ⅱ」は各科目とも2科目中1科目を必修選択とし、クラスアドバイザーの履修指導のもと今までの語学における学修成果を勘案し選択するよう指導する。また、昨今の情報化社会において、医療現場におけるコンピュータの役割を理解し、医療業務や医学研究において必要となる情報を適切に処理できるよう「情報科学」、「医療情報学」を開設する。

 『医学教養』では、医療人としての豊かな感性と倫理観で傷病者の様々な状況に対応できるように「生命倫理」、「医学概論」、「医療コミュニケーション学」を、高齢者の救急搬送が増加していることを受け、高齢者施設の役割や内容を理解するために「介護実習」をそれぞれ開設する。また、本学の特徴である東洋医学に関する授業科目として、「東洋医学概論」「東洋医学診断学・治療学」を開設する。

2.専門系科目

 専門系科目では、『現代医学』、『救急救命学』、『健康とスポーツ』に区分し、高度な専門性を備え、優れた知識・技術及び身体能力を持った救急救命士を育成するとともに、病院前救急救命学の学術研究の進展への寄与並びに社会への貢献を志向できるよう、必修科目を中心に次の科目を配置する。

 『現代医学』では、救急救命士が必要とする医学的基礎知識を1年次から2年次を中心に身に着け、段階的に救急医学領域への移行を行う。「人体構造学」、「人体機能学」、「病理学」、「免疫・感染症学」、「生化学」、「薬物療法学」を学修し、人体の機能や疾病などに関する理解を深める。2年次からは、救急救命士に必要な臨床医学の知識を修得するため、「救急症候学」、「疾病救急医学」、「外傷救急医学」、「環境障害と中毒」を学修し、傷病観察、疾病の病態、診断、処置、搬送についての知識を修得し、幅広い視野で救急医療を理解する。また、病院前救急医療において、医療関係職種とチーム医療を実践できるように知識と技術を修得するため、「救急処置実習B(病院内実習)」を行う。その事前教育として、医師や他の医療従事者の役割を学ぶため、本学附属病院で「附属病院実習」開設する。

 『救急救命学』では、「救急医学概論」、「救急医学各論」で救急医療体制、病院前救護体制における救急救命士の役割や救急現場で必要とされる知識、判断力、救命技術や処置法について学修するとともに、救急救命士に与えられた特定行為である除細動、気管内挿管、薬剤投与について学修する。「救急処置概論」、「救急処置各論」では、傷病者への速かな全身観察、局所観察の意義及び現場における簡易検査、初期治療、トリアージ、家族、関係者への接遇法について学ぶとともに救急現場において求められる救急蘇生法、救命士の特定行為、ショックや急性中毒、環境障害に対する対処法について学修する。「災害救急医学」、「患者搬送技術論」、「都市型救助実習」では、各種災害における様々な状態(急性期、亜急性期、慢性期、救助期、復旧期、復興期)における適切な医療対応を構築、実践できる手法を理解し、被災者への精神的、心理的アプローチを学ぶ。また、災害現場や都市部における高層ビルでの火災や地震発生時の救助方法、傷病者に対する救急救命処置、搬送方法についても学修する。病院前救急医療において、高度な専門性を備えた優れた救急救命士の養成を行うため、各学年次に学内で行う「救急処置実習」を配置する。「救急処置実習A」では、1年次から4年次にかけて救急救命士に必要な技術を段階的にシミュレーションし実践力を養う。3年次には、医療現場や消防機関での実践力を修得するため、「救急処置実習B(病院内実習)」、「救急処置実習C(救急車同乗実習)」を行い、医師やメディカルスタッフ、救急隊員から具体的指導を受け、観察、判断力を高めるとともに地域社会に貢献する意欲を養う。また、3年次の自由選択科目として「救急処置実習D(海外実習)」を開設し、海外の救急救命機関において先進地の救急救命活動を学ぶことでより高度な実践力を身につける。また、自ら探求すべき課題を提起し、幅広い視野で医療を考え、チームで問題解決を実践する能力を養うため「救急救命学総合演習」を開設する。

 『健康とスポーツ』では、身体能力に優れた救急救命士を育成するため4年間を通して「健康スポーツ実習」、「トレーニング実習」などのスポーツ科学系科目を配置し、運動能力を効果的に高める方法の実践や健康づくりのための運動指導の知識を修得する。また、多様な状況下において救助活動ができる力を養うため、必修科目として「ライフセービング実習」、「ウォーターレスキュー実習」、「マウンテンレスキュー実習」を配置する。他に4年次には、「卒業研究」を配置し指導教員のもとで研究テーマを個人もしくはグループで定め、実験、研究、調査、あるいは文献購読、症例研究など様々な方法を用いて研究し、卒業論文としてまとめる。

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

 明治国際医療大学は、『“和の精神”を真髄となし、東西両医学を有機的に関連づけて、社会に貢献できる医療人を育成する』という建学の精神のもとに、保健医療の分野で国民の健康と福祉に寄与することのできる“実践力ある心豊かな医療人”の育成を目指しています。

 本学ではこの目標に向け、①豊かな人間性、②東西両医学を有機的に関連づける実践力、③保健・医療・福祉の発展に寄与する能力を備え、④医療の国際化に対応しながら地域の特性を踏まえて社会貢献ができる優秀な人材の育成を指針としています。

 また、全学部共通として自己を律する心、他者を気遣う心、コミュニケーション能力、さらに生涯学び続けようという強い意欲を持つ人を求めています。

救急救命学科

 人の生命を守りたいという信念を持ち、将来、地域社会に貢献する仕事に就きたいと考えている人で次の資質を有する者を求めます。

  • 救急医療の知識と技術の修得に必要となる基礎学力及び基礎身体能力を有する人
  • 救急救命学科の教育目的を理解し、救急医療に関する知識・技術の修得及び身体能力の向上に積極的に努力する人
  • 規律を重視し主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を有する人

入学までに身につけてほしいこと

 入学後の教養教育及び専門教育に十分に対応できる資質として、高等学校等での教科科目に関しては、下記の(1)〜(5)を入学時までに修得しておくことが求められます。

教科 内容
(1)国語 様々な文章(特に論理的な文章)を読む能力及び考え方を深め進んで表現しようとする態度
(2)英語 基礎的な読解力と表現力及び英語でコミュニケーションを図ろうとする態度
(3)数学 基本的な数学の知識と技法を習得し、論理的な思考を展開できる能力
(4)理科 「生物基礎」の内容の理解と基礎的応用力(加えて「生物」「化学」及び「物理」を学んでおくことが望ましい)
(5)保健体育 高等学校で行う「新体力テスト」の評価が優れている

救急救命学科