資料請求

メニュー

在学生紹介
接骨院見学実習が
医療人としての自覚を高め
成長させてくれた。

吉松 大地(よしまつ だいち)
保健医療学部 柔道整復学科 2年

入学の動機について

柔道整復師になろうと思った動機は何ですか?

高校生の頃、サッカーでケガをした時に多くの医療関係者に支えてもらいました。それ以来、医療に携わる仕事に憧れを抱き、特にお世話になった柔道整復師に興味を持ちました。

なぜ他の大学ではなく、明治国際医療大学を選びましたか?

進路先について考えていた時に、医療の本を読んでいると、明治国際医療大学の卒業生が掲載されていました。内容もとても印象的であったため、この大学であれば、より良い医療の知識が学べると感じたからです。

授業・実習について

特に印象に残っている授業は何ですか?

キャリアデザインの授業の中に、アーリーエクスポージャーという接骨院見学実習があります。そこでは、施術だけでなく、話し方や接し方など一つ一つが勉強になり、医療人としての役割や今後やるべきことなどを学ぶことができました。

柔道整復学科での学びを通して、成長したと感じることは何ですか?

医療の専門知識が身につき、高校の後輩がケガをした時に アドバイスができるようになるなど、日常の中で少しずつ役に立てることが増えました。

将来について

今後の目標を教えてください。

いずれは独立開業をして自分の治療所を持ちたいと考えています。そのためには、今のうちに専門知識や技術をしっかりと身につける必要があると感じています。また、臨床現場に出たときに、患者さんがリラックスして施術が受けられるように、コミュニケーション能力を鍛えていきたいです。

注)このインタビューは平成30年度秋に行いました。