昨年中止となった第71回関西学生柔道優勝大会が2021年5月30日(日)、ベイコム総合体育館(尼崎市記念公園)で行われ、男子2部に出場した本学男子柔道部は、決勝で神戸大学を下し5年ぶりの3度目の優勝を果たしました。
 体重無差別の団体戦(5人制)で行われた今大会は、エントリー選手がいずれも軽量級ということもあり苦戦が予想されましたが各選手が奮闘。決勝は前回優勝した2016年と同じ顔合わせとなった神戸大学を4-1で圧倒し、ベスト8に終わった2019年大会の雪辱を果たしました。応援ありがとうございました。

◎男子 宮内位浩(看護学科3年)主将の話
「4年生がいないため、3年生主体で練習をしてきました。一昨年は接戦ながら優勝校に準々決勝で敗れるという苦い思いをしたので、リベンジできるよう取り組んできました。今大会は無差別級の大会でありながら軽量級のみのチームで勝つことができたことは今後の自信になります。これからも練習に励み一人でも多く全日本学生柔道体重別選手権大会に出場できるようがんばりますので、引き続き応援よろしくお願いします」

【大会結果】
★2部男子 優勝
決 勝 vs 神戸大学 4-1○
<登録メンバー>
宮内位浩(看護学科3年)
佐藤圭悟(救急救命学科3年)
増尾純大(柔道整復学科3年)
伊藤侑真(柔道整復学科2年)
岩﨑洸樹(柔道整復学科2年)
北口大陽(救急救命学科2年)
横山昇汰(柔道整復学科2年)
菅谷尚優(救急救命学科1年)
吉國学人(救急救命学科1年)