資料請求

メニュー

修士課程(通学制)

鍼灸学専攻

鍼灸をはじめ統合医療の効果や機序を解明し、
何故効くのかという社会の疑問に答える!

修業年限

標準修業年限は2年です。

専攻分野・研究内容

標準修業年限は2年です。

専攻分野は、I.伝統鍼灸学II.鍼灸基礎医学III.鍼灸臨床医学IV.ヘルスサイエンス鍼灸学 の4つに区分します。

I.伝統鍼灸学分野

古医書に関する書誌学、経絡経穴学、四診法、伝統鍼灸学の治療法などに関する専門的な知識を学修するとともにそれらに関する研究を行う分野です。東洋医学の基礎、伝統鍼灸学などに関する特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究において上記の研究課題を追求します。

II.鍼灸基礎医学分野

形態的、機能的、免疫学に関する専門的な知識を学修するとともに鍼灸刺激の生体反応とその機序解明に関わる研究を行う分野です。形態学、機能学、免疫・生化学、基礎鍼灸学(鍼灸理論や鍼灸技術)の特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究において鍼灸刺激の生体反応およびそれらの作用機序などを追求します。

III.鍼灸臨床医学分野

鍼灸臨床と深く関わる疾患や症候に関する専門的な知識を学修するととともにそれらに対する鍼灸治療の臨床効果とその機序解明に関する研究を行う分野です。内科学、整形外科学、外科学、脳外科学、麻酔科学、泌尿器科学、内科系臨床鍼灸学、整形外科系臨床鍼灸学、外科系臨床鍼灸学の特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究において上記の研究課題を追求します。

IV.ヘルスサイエンス鍼灸学分野

スポーツ鍼灸、予防・未病医学、美容鍼灸、産業鍼灸・高齢鍼灸などの鍼灸医学の応用領域に関する専門的な知識を学修するととともにそれらの領域における鍼灸の有効性に関する研究を行う分野です。健康鍼灸学、スポーツ鍼灸学、加齢鍼灸学の特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究においては上記の研究課題を追求します。

学位・資格

修士(鍼灸学)の学位を授与します。本研究科を修了した者は、はり師・きゅう師の学校(養成施設)における専門基礎分野および専門分野に関する科目の教員資格が与えられます。ただし、教授できる授業科目については、原則として専攻した分野に関連する領域となります。

TA制度

本大学院を修了した者には、はり師・きゅう師の学校(養成施設)における専門基礎分野および専門分野に関する科目の教員資格が与えられます。ただし、教授できる授業科目については、原則として専攻した分野に関連する領域となります。
TA制度は、大学院生にとっては教育実習の場であり、教育者としての資質を涵養(かんよう)するうえでとても良い制度です。なお、TAには1コマ3千円のTA料が支給されます。
教員資格を取得するには教員養成課程修了の道もありますが、本大学院ではこのチューター制により徹底した実習教育が実践できます。下準備は大変ですが、「教員には何が必要か」「分かりやすい教え方は」など、教員になるための絶好の修練場と言えます。

ティーチングアシスタント(TA)制度

この写真は、経絡経穴学実習において大学院生が取穴実技の模範を示しているところです。指導教員のもと取穴方法を具体的に教示します。ティーチング アシスタント(TA)は年齢が近いぶん親近感があり、丁寧な指導をしてくれるということで好評です。

主な担当科目

伝統鍼灸診断学実習
当科目では、四診法の実技のサポートを行います。例えば、脈診時における橈骨動脈の指の当て方や正しい姿勢、腹診時の腹部の手の当て方や反応の捉え方、背部兪穴や原穴のツボの反応の評価などを手取り足取り指導します。実際に学生の腹部や兪穴の反応を確かめ、実践的に指導する事も多く、この制度を通してより深く学べます。
人体の機能学実習、鍼灸生体反応学実習
当科目では、鍼刺激の生体に及ぼす影響について、種々の生理学的指標を用いて実験的に学習します。鍼刺激や灸刺激が正しく心拍や血圧といった自律神経系に対して影響を与えているかどうか、そのメカニズムなどを平易に解説しなければなりません。出るはずの反応が出ない場合や出るはずのない反応が出た場合など、徹底的に原因を追究して正しい結果を示さなければなりません。
鍼灸技術学実習
当科目では、基本的な施鍼・施灸技術を教育します。この科目では一連の操作を判り易く、美しく、スムースに見せる必要があることから、非常に緊張を強いられる科目です。
また学生に対しても、どこが悪く、どう改善すべきかを個別に技術指導しなければなりません。

特別研究テーマ・修了生研究報告テーマ

特別研究テーマ

分野 研究指導
ユニット
特別研究テーマ
伝統鍼灸学 基礎鍼灸学Ⅰ
(伝統鍼灸)
(1)経絡(経筋)・経穴に関する文献的・臨床的研究
(2)蔵象学説に関する文献的・臨床的研究
(3)東洋医学の基礎理論に関する文献的研究
(4)伝統理論に基づく鍼灸医学の診断に関する研究
(5)伝統理論に基づく鍼灸治療に関する研究
(6)医療概論および統合医療に関する文献研究・調査研究
(7)統合医療における東洋医学診断・治療の有用性に関する研究
(8)医学古典に関する文献的研究
(9)伝統理論に基づく養生に関する研究
鍼灸基礎医学 解剖学 (1)鍼灸刺激による皮膚組織の形態学的変化の研究
(2)皮膚感覚受容器の機能学的・形態学的研究
(3)筋組織機能発現に関わる遺伝子の解析
(4)幹細胞を用いた運動器(腱、靱帯、筋)の再生治療における鍼灸の効果
生理学 (1)鍼灸刺激の末梢・中枢機序に関する神経生理学的解析
(2)鍼灸の臨床評価に関する基礎的研究
(3)実験的トリガーポイントに関する基礎的研究
(4)運動誘発性酸化ストレスに対する基礎研究
免疫・微生物 (1)胸腺の機能・T細胞分化と鍼灸の効果
(2)鍼灸により誘発される分子による免疫系細胞の活性調節
(3)鍼灸による生体防御系の調節
薬理学 (1)鍼灸刺激に伴う細胞応答変化に関する研究
(2)鍼灸による嗜好性変化に関する研究
(3)漢方薬の治療効果に及ぼす鍼灸刺激の影響
(4)生理活性物質の発現機序と鍼灸の効果
基礎鍼灸学Ⅱ
(基礎鍼灸)
(1)経絡・経穴に関する機能学的検討
(2)鍼灸刺激による鎮痛の機序に関する研究
(3)鍼灸刺激効果の中枢機序に関する研究
(4)自律機能(消化器、子宮、膀胱)に対する鍼灸刺激の効果の基礎研究
(5)運動機能に対する鍼灸刺激の効果の研究
(6)筋循環に対する鍼灸刺激の効果の研究
(7)鍼灸刺激の特性と治療効果に関する基礎研究
(8)鍼灸の安全性に関する研究
鍼灸臨床医学 内科学 (1)呼吸器疾患(気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、特発性間質性肺炎)に対する鍼灸治療の臨床効果
(2)アレルギー疾患(気管支喘息、アトピー性皮膚炎など)に対する鍼灸治療の臨床的効果
(3)パーキンソン病に対する鍼灸治療の臨床的効果
(4)心機能に対する鍼灸刺激の基礎的検討と心筋修復
(5)糖代謝異常に対する鍼灸刺激の効果
(6)消化機能(血流、運動、分泌)に対する鍼灸刺激の効果
整形外科学 (1)関節リウマチに対する鍼灸治療の研究
(2)筋疲労の解析と鍼治療による機能回復の効果の検討
(3)鍼刺激が末梢神経機能に及ぼす影響
(4)運動器疾患に対する圧痛点鍼治療
外科学 (1)周術期の疼痛に対する鍼灸治療の効果に関する検討
(2)周術期の消化管運動に対する鍼灸治療の効果に関する検討
(3)外科的栄養管理における鍼灸治療の位置づけに関する検討
(4)緩和医療における鍼灸治療の位置づけに関する研究
脳神経外科学 (1)磁気共鳴法による脳循環・代謝・機能の解析と鍼灸治療の中枢作用の検討
(2)磁気共鳴法による筋組識の循環・代謝の解析と鍼灸作用の検討
(3)脳神経疾患への鍼灸治療の検討
(4)磁気共鳴法による鍼灸の治療効果の研究
(5)頭痛に対する鍼灸の治療効果の研究
麻酔科学
泌尿器科学 (1)前立腺肥大症に対する鍼灸治療の研究
(2)神経因性膀胱に対する鍼灸治療の研究
(3)尿失禁に対する鍼灸治療の有用性に関する研究
(4)夜間頻尿に対する鍼灸治療の研究
(5)過活動膀胱に対する鍼灸治療の研究
(6)男性更年期障害に対する鍼灸治療の研究
(7)男性性機能障害に対する鍼灸治療の研究
(8)男性不妊症に対する鍼灸治療の研究
眼科学 (1)視機能に対する科学的根拠に基づいた鍼灸治療の研究
(2)眼血流改善を含む、視神経保護に関する鍼灸作用の研究
(3)加齢や生活習慣病に伴う慢性炎症に対する鍼灸作用の研究
臨床鍼灸学Ⅰ
(内科系)
(1)内科系領域の疾患に対する鍼灸治療の臨床効果に関する研究
(2)臨床疫学的手法による調査研究
(3)糖尿病における鍼灸治療の効果に関する臨床的・基礎的研究
(4)肥満に対する鍼灸治療効果に関する臨床的・基礎的研究
(5)糖尿病およびその合併症における鍼灸治療の臨床的・基礎的研究
(6)循環器疾患に対する鍼灸治療の臨床的・基礎的研究
(7)メンタルヘルスケアにおける鍼灸治療に関する臨床的・基礎的研究
(8)緩和医療における鍼灸治療に関する臨床的・基礎的研究
臨床鍼灸学Ⅱ
(整形外科系)
(1)運動器系疾患および愁訴に対する鍼灸治療の臨床的、基礎的研究
(2)再生医学(末梢神経、骨、腱、筋など)と鍼灸に関する臨床的・基礎的研究
(3)筋弛緩と鍼灸に関する臨床的・基礎的研究
(4)バイオメカニクス的鍼灸治療に関する臨床的・基礎的研究
臨床鍼灸学Ⅲ
(外科系)
(1)排尿機能に及ぼす鍼・灸の影響に関する臨床的・基礎的研究
(2)男性性機能障害に及ぼす鍼・灸の影響に関する臨床的・基礎的研究
(3)泌尿器領域及び男性性機能の鍼灸に関する疫学的研究
(4)感覚器機能に対する鍼灸の作用機序の解明
(5)慢性疼痛に対する鍼灸治療の効果と機序
(6)炎症性疼痛における鍼鎮痛機序の実験研究
(7)血管新生に着目した鍼灸の血流改善作用に関する実験的研究
(8)月経痛に対する鍼灸刺激の効果の検討
(9)月経不順に対する鍼灸刺激の効果の検討
(10)更年期障害の症状および生理的変化に対する鍼灸刺激の効果の検討
(11)ストレス誘発性の生理的変化に対する鍼灸の作用
(12)酸化ストレス防御機構に対する鍼灸刺激の基礎研究
(13)ヒトを対象とした乗り物酔い(motion sickness)に対する鍼治療の実験的研究
(14)鍼灸刺激の自律神経機能に及ぼす影響について
(15)ヒトの胃電図、瞬時心拍数、皮膚交感神経機能などを指標とした鍼灸刺激の作用と機序
−ヒト自律機能に及ぼす鍼灸刺激の多次元的解析−
(16)顎・口腔領域の症状に対する鍼治療の効果に関する臨床的検討
(17)トリガーポイント鍼治療に関する臨床研究
(18)頭・頚部の症状に対する鍼治療の効果に関する臨床的検討
(19)中枢神経系に対する鍼治療の効果に関する臨床的検討
(20)筋肉の感覚および機能に対する鍼灸刺激の作用と機序
(21)中枢感作症候群に対する鍼治療の効果に関する臨床的検討
(22)鍼のクリーンニードルテクニックの有用性に関する臨床研究
(23)鍼灸臨床の歴史的展開に関する研究
ヘルス
サイエンス
鍼灸学
保健・老年
鍼灸学Ⅰ
(1)各疾患に対する鍼灸刺激(治療)の予防的効果に関する基礎的、臨床的研究
(2)スポーツ傷害に対する鍼灸刺激の予防的効果及び臨床的効果に関する基礎的、臨床的研究
(3)スポーツ選手の運動パフォーマンスに関する基礎的、臨床的研究
(4)心身のリラクゼーションに関する基礎的・臨床的研究
(5)美容に関する基礎的・臨床的研究
(6)鍼灸医療の産業医学的研究
(7)伝統医学的ヘルスプロモーションに関する研究
(8)養生学に関する研究
(9)血圧・心機能に及ぼす鍼治療に関する研究
(10)疲労に関する基礎的・臨床的研究
保健・老年
鍼灸学Ⅱ
(1)高齢者疾患(パーキンソン病やCOPDなど)に対する鍼灸治療の効果に関する研究
(2)高齢者の歩行や姿勢バランスに及ぼす鍼灸治療の効果に関する研究
(3)高齢者の健康の維持向上における鍼灸治療の効果に関する研究
(4)アンチエイジングにおける鍼灸治療の有用性に関する研究

修了生研究報告テーマ

◆基礎研究(動物)
・ラット結腸伝播運動に対する鍼通電刺激の影響X線不透過性マーカーを用いた検討1症例
・鍼通電が拘束ストレスによる酸化ストレスおよび胃排出能に与える影響
・仙骨部の灸刺激が排尿機能に及ぼす影響 ―酢酸誘発頻尿モデルラットを用いた検討―
◆基礎研究(健常者)
・下腿三頭筋のDOMSに対する末梢経穴を使用した経筋治療に関する研究
・鍼通電刺激がスポーツビジョンに及ぼす効果
・鍼刺激による腸音の変化および心拍変動解析を用いた自律機能評価
◆臨床研究(患者)
・高齢者の抑うつ状態に対する鍼治療の効果4症例を通しての検討
・高齢者の歩行能力に対する鍼灸治療の効果膝伸展筋力80%ピーク潜時を指標として
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する鍼治療の臨床効果に関する研究-症例集積研究

臨床鍼灸学専攻

臨床で活躍するための総合的知識を身につけ、
各分野のスペシャリストを目指す!

修業年限

標準修業年限は2年です。

専攻分野・研究内容

専攻分野・研究内容

専攻分野は、内科系臨床鍼灸学、整形外科系臨床鍼灸学、外科系臨床鍼灸学、ウェルネス臨床鍼灸学です。

I.内科系臨床鍼灸学分野

主要な内科系疾患および症状について東西両医学の観点から学習を行い、臨床研究を通して,EBMによる鍼灸臨床について演習し,専門性を高めます。附属病院内科の外来及び病棟で東西統合型鍼灸臨床を実践するとともに臨床評価を行い,専門的診療能力を高めるとともに医師をはじめとする医療従事者との連携とチーム医療ができる基本的能力を修得できるようにします。

II.整形外科系臨床鍼灸学分野

主要な整形外科系疾患および症状について東西両医学の観点から学習を行い、臨床研究を通して,EBMによる鍼灸臨床について演習し,専門性を高めます。附属病院整形外科の外来及び病棟で東西統合型鍼灸臨床を実践するとともに臨床評価を行い,専門的診療能力を高めるとともに医師をはじめとする医療従事者との連携とチーム医療ができる基本的能力を修得できるようにします。

III.外科系臨床鍼灸学分野

主要な外科系疾患および症状について東西両医学の観点から学習を行い、臨床研究を通して,EBMによる鍼灸臨床について演習し,専門性を高めます。附属病院外科の外来及び病棟で東西統合型鍼灸臨床を実践するとともに臨床評価を行い,専門的診療能力を高めるとともに医師をはじめとする医療従事者との連携とチーム医療ができる基本的能力を修得できるようにします。

IV.ウェルネス臨床鍼灸学分野

鍼灸臨床の応用領域であるスポーツ鍼灸,美容鍼灸,産業鍼灸,高齢鍼灸についての有用性と役割などについて学習を行い、臨床研究の文献などを通して,EBMによる鍼灸臨床について演習し,専門性を高めます。各領域の臨床現場で鍼灸臨床を実践するとともに臨床評価を行い,専門的診療能力を高めるともにその領域の関係者との連携ができる基本的能力を修得できるようにします。

学位・資格

修士(臨床鍼灸学)の学位を授与します。本研究科を修了した者は、はり師・きゅう師の学校(養成施設)における専門基礎分野および専門分野に関する科目の教員資格が与えられます。ただし、教授できる授業科目については、原則として専攻した分野に関連する領域となります。

TA制度

本大学院を修了した者には、はり師・きゅう師の学校(養成施設)における専門基礎分野および専門分野に関する科目の教員資格が与えられます。ただし、教授できる授業科目については、原則として専攻した分野に関連する領域となります。
TA制度は、大学院生にとっては教育実習の場であり、教育者としての資質を涵養(かんよう)するうえでとても良い制度です。なお、TAには1コマ3千円のTA料が支給されます。
教員資格を取得するには教員養成課程修了の道もありますが、本大学院ではこのチューター制により徹底した実習教育が実践できます。下準備は大変ですが、「教員には何が必要か」「分かりやすい教え方は」など、教員になるための絶好の修練場と言えます。

ティーチングアシスタント(TA)制度

この写真は、経絡経穴学実習において大学院生が取穴実技の模範を示しているところです。指導教員のもと取穴方法を具体的に教示します。ティーチング アシスタント(TA)は年齢が近いぶん親近感があり、丁寧な指導をしてくれるということで好評です。

主な担当科目

伝統鍼灸診断学実習
当科目では、四診法の実技のサポートを行います。例えば、脈診時における橈骨動脈の指の当て方や正しい姿勢、腹診時の腹部の手の当て方や反応の捉え方、背部兪穴や原穴のツボの反応の評価などを手取り足取り指導します。実際に学生の腹部や兪穴の反応を確かめ、実践的に指導する事も多く、この制度を通してより深く学べます。
人体の機能学実習、鍼灸生体反応学実習
当科目では、鍼刺激の生体に及ぼす影響について、種々の生理学的指標を用いて実験的に学習します。鍼刺激や灸刺激が正しく心拍や血圧といった自律神経系に対して影響を与えているかどうか、そのメカニズムなどを平易に解説しなければなりません。出るはずの反応が出ない場合や出るはずのない反応が出た場合など、徹底的に原因を追究して正しい結果を示さなければなりません。
鍼灸技術学実習
当科目では、基本的な施鍼・施灸技術を教育します。この科目では一連の操作を判り易く、美しく、スムースに見せる必要があることから、非常に緊張を強いられる科目です。
また学生に対しても、どこが悪く、どう改善すべきかを個別に技術指導しなければなりません。

特別研究テーマ・修了生研究報告テーマ

特別研究テーマ

分野 研究指導ユニット 特別研究テーマ
内科系
鍼灸臨床学
内科学 (1)内科系疾患、特に呼吸器系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(2)内科系疾患、特に消化器系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)内科系疾患、特に高齢者心不全に対する鍼灸臨床に関する研究
(4)内科系疾患、特にパーキンソン病に対する鍼灸臨床に関する研究
臨床鍼灸学Ⅰ
(内科系)
(1)心身医学系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(2)循環器系疾患と症状、特に胸痛に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)代謝疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(4)呼吸器疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
整形外科系
鍼灸臨床学
整形外科学 (1)整形外科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
臨床鍼灸学Ⅱ
(整形外科系)
(1)運動器系疾患と症状に対する鍼灸臨床に関する研究
外科系
鍼灸臨床学
外科学 (1)外科系疾患及びその症状に対する鍼灸臨床に関する研究
脳神経外科学 (1)脳外科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
泌尿器科学 (1)泌尿器科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
眼科学 (1)眼科系疾患と症状に対する鍼灸臨床に関する研究
臨床鍼灸学Ⅲ
(外科系)
(1)鍼灸治療によるペインマネージメントに関する臨床研究
(2)自律神経機能に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)泌尿器科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(4)外科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(5)歯科における鍼灸臨床に関する研究
(6)耳鼻・眼科系の感覚器領域の症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(7)女性のライフステージにおける鍼灸臨床に関する研究
(8)中枢感作症候群(線維筋痛症・筋筋膜疼痛・機能性胃腸症など)に対する鍼灸臨床に関する研究
(9)頭・頚部および中枢神経系の症状に対する鍼灸臨床に関する研究
基礎鍼灸学Ⅰ
(伝統鍼灸)
(1)伝統医学理論を活かした鍼灸臨床に関する研究
(2)伝統医学と現代医学の理論を活かした鍼灸臨床に関する研究
ウェルネス
臨床鍼灸学
保健・老年
鍼灸学Ⅰ
(1)統合医療における鍼灸臨床に関する研究
(2)スポーツ傷害及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)産業医学における鍼灸臨床に関する研究
(4)健康維持増進および未病医療における鍼灸臨床に関する研究
保健・老年
鍼灸学Ⅱ
(1)要介護・要支援高齢者に対する鍼灸臨床の実践
(2)高齢者の運動機能低下・障害に対する鍼灸臨床の実践
(3)高齢者のうつ・認知症に対する鍼灸臨床の実践
(4)高齢者疾患(パーキンソン病やCOPDなど)に対する鍼灸臨床の実践
(5)アンチエイジングとしての鍼灸治療の実践

修了生研究報告テーマ

◆患者対象
・パーキンソン病に対する鍼治療の1症例-ジスキネジアの軽減が認められた1例-
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)の労作時呼吸困難に対する鍼治療の一症例
・円形性脱毛症に対して東洋医学的鍼治療を行った1症例
・鍼灸治療に効果が認められなかった線維筋痛症患者に対して患者教育を導入した1症例
・心理的・精神的側面に苦痛を持つ緊張型頭痛に対する鍼治療及びセルフケア ―慢性緊張型頭痛の1症例―
◆高齢者対象
・便秘を主訴とする高齢者に対し、病証に基づく鍼治療が効果的であった1症例
・頻尿を訴え自発性の低下を呈した認知症の高齢者に対する鍼治療の1例
・加齢性難聴に伴う耳鳴に対する鍼治療の1症例