資料請求

メニュー

修士課程(通信制)

通信教育課程

働きながら鍼灸を奥深くまで学び、
スペシャリストさらには指導者を目指す!

修業年限

標準修業年限は2年です。
また、長期履修学生制度を利用することで修業年限を3年とする履修コース(3年制コース) 又は4年とする履修コース(4年制コース)を選択することもできます。

専攻分野・研究内容

専攻分野は、I.伝統鍼灸学 II.鍼灸基礎医学 III.鍼灸臨床医学 IV.ヘルスサイエンス鍼灸学 の4つに区分します。

I.伝統鍼灸学分野

古医書に関する書誌学、経絡経穴学、四診法、伝統鍼灸学の治療法などに関する専門的な知識を学修するとともにそれらに関する研究を行う分野です。東洋医学の基礎、伝統鍼灸学などに関する特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究において上記の研究課題を追求します。

II.鍼灸基礎医学分野

形態的、機能的、免疫学に関する専門的な知識を学修するとともに鍼灸刺激の生体反応とその機序解明に関わる研究を行う分野です。形態学、機能学、免疫・生化学、基礎鍼灸学(鍼灸理論や鍼灸技術)の特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究において鍼灸刺激の生体反応およびそれらの作用機序などを追求します。

III.鍼灸臨床医学分野

鍼灸臨床と深く関わる疾患や症候に関する専門的な知識を学修するととともにそれらに対する鍼灸治療の臨床効果とその機序解明に関する研究を行う分野です。内科学、整形外科学、外科学、脳外科学、麻酔科学、泌尿器科学、内科系臨床鍼灸学、整形外科系臨床鍼灸学、外科系臨床鍼灸学の特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究において上記の研究課題を追求します。

IV.ヘルスサイエンス鍼灸学分野

スポーツ鍼灸、予防・未病医学、美容鍼灸、産業鍼灸・高齢鍼灸などの鍼灸医学の応用領域に関する専門的な知識を学修するととともにそれらの領域における鍼灸の有効性に関する研究を行う分野です。健康鍼灸学、スポーツ鍼灸学、高齢鍼灸学の特論(講義)、演習、研究法を学修し、特別研究においては上記の研究課題を追求します。

学位・資格

修士(鍼灸学)の学位を授与します。本研究科を修了した者は、はり師・きゅう師の学校(養成施設)における専門基礎分野および専門分野に関する科目の教員資格が与えられます。ただし、教授できる授業科目については、原則として専攻した分野に関連する領域となります。

ビデオ教材を用いたオンライン学修システム

通信制の講義は全てインターネットを用いたビデオ配信形式で実施します。
ビデオ講義はいつでもどこでも何度でも繰り返し視聴できるので、自分のペースで学修を進めることができます。

長期履修学生制度

通常2年制で学ぶ履修内容を3年若しくは4年に分割して履修できます。
延長に伴う授業料の増加はありませんので、就業中の業務時間と学修時間などを検討の上、御判断下さい。学費は3年制コースでは年60万円、4年制コースでは年45万円です。

スクーリング制度

研究に必要な実務や技術、操作方法などを学ぶ研究方法論に関する内容はビデオや印刷教材等による授業だけでは限界があることから、面接授業による丁寧な解説・指導でより効果的な学修を行います。大学の付属施設(キャンパス内に設置する附属病院、附属鍼灸センター若しくは校舎内の研究室)において、原則として月に1回、1日大学で学習する程度の頻度になります。

よくある質問 Q & A

どんな授業内容ですか?
統合医療をはじめ基礎・臨床鍼灸医学を学ぶ基盤科目の他、専攻分野毎の専門科目や研究方法論を学んで頂きます。学修方法はオンラインのビデオ配信を利用した講義の視聴と小テストとレポート課題です。また、スクーリングによる直接指導もあります。
何回大学へ行くことになりますか?
原則は、【月1回週末の土日を本学への通学する】を年8回実施します。具体的な時期や日数などは指導教官と相談の上、調整します。
途中で履修期間を延長できますか?
履修期間は、変更申請・許可によって延長又は短縮することができます。但し、在学中に履修期間の変更が認められるのは、1回限りです。
遠距離からのスクーリングに対する措置などありますか?
通信教育課程の学生にはJRの学割が適応されます。また宿泊場所は本学所有の宿泊施設「ホテル京都エミナース」をはじめ近隣の宿泊施設、空きがあれば学内の宿泊施設をご利用ください。
博士課程への進級はできますか?
本学大学院通信教育課程を修了し、修士号を取得すれば、博士課程への進学が可能になります。

特別研究テーマ・修了生研究報告テーマ

特別研究テーマ

分野 研究指導ユニット 特別研究テーマ
内科系
鍼灸臨床学
内科学 (1)内科系疾患、特に呼吸器系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(2)内科系疾患、特に消化器系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)内科系疾患、特に高齢者心不全に対する鍼灸臨床に関する研究
(4)内科系疾患、特にパーキンソン病に対する鍼灸臨床に関する研究
臨床鍼灸学Ⅰ
(内科系)
(1)心身医学系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(2)循環器系疾患と症状、特に胸痛に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)代謝疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(4)呼吸器疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
整形外科系
鍼灸臨床学
整形外科学 (1)整形外科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
臨床鍼灸学Ⅱ
(整形外科系)
(1)運動器系疾患と症状に対する鍼灸臨床に関する研究
外科系
鍼灸臨床学
外科学 (1)外科系疾患及びその症状に対する鍼灸臨床に関する研究
脳神経外科学 (1)脳外科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
泌尿器科学 (1)泌尿器科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
眼科学 (1)眼科系疾患と症状に対する鍼灸臨床に関する研究
臨床鍼灸学Ⅲ
(外科系)
(1)鍼灸治療によるペインマネージメントに関する臨床研究
(2)自律神経機能に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)泌尿器科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(4)外科系疾患及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(5)歯科における鍼灸臨床に関する研究
(6)耳鼻・眼科系の感覚器領域の症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(7)女性のライフステージにおける鍼灸臨床に関する研究
(8)中枢感作症候群(線維筋痛症・筋筋膜疼痛・機能性胃腸症など)に対する鍼灸臨床に関する研究
(9)頭・頚部および中枢神経系の症状に対する鍼灸臨床に関する研究
基礎鍼灸学Ⅰ
(伝統鍼灸)
(1)伝統医学理論を活かした鍼灸臨床に関する研究
(2)伝統医学と現代医学の理論を活かした鍼灸臨床に関する研究
ウェルネス
臨床鍼灸学
保健・老年
鍼灸学Ⅰ
(1)統合医療における鍼灸臨床に関する研究
(2)スポーツ傷害及び症状に対する鍼灸臨床に関する研究
(3)産業医学における鍼灸臨床に関する研究
(4)健康維持増進および未病医療における鍼灸臨床に関する研究
保健・老年
鍼灸学Ⅱ
(1)要介護・要支援高齢者に対する鍼灸臨床の実践
(2)高齢者の運動機能低下・障害に対する鍼灸臨床の実践
(3)高齢者のうつ・認知症に対する鍼灸臨床の実践
(4)高齢者疾患(パーキンソン病やCOPDなど)に対する鍼灸臨床の実践
(5)アンチエイジングとしての鍼灸治療の実践

修了生研究報告テーマ

◆アンケート調査
・学生におけるVDT機器の利用実態と心身の自覚症状などに関するアンケート調査
・助産師からみたツボ療法に関するアンケート調査
・はり師きゅう師養成施設における鍼灸医療の安全教育に関するアンケート調査
◆基礎研究
・合谷穴への鍼刺激が視力と眼疲労に及ぼす影響
・呼吸時の鍼刺入抵抗の変化の解析
・腎兪穴刺鍼による交感神経系への影響
◆古典・文献調査
・鍼刺激とシャム鍼刺激の脳におよぼす影響の違いについて-fMRIを用いた研究の文献調査-
・鍼刺激による子宮・卵巣血流に関する文献調査
・『時病論』の気象医学的評価とその特徴