資料請求

メニュー

在学生紹介
国家資格取得を目指しながら部活動も全力で取り組める。それがこの大学の魅力。

山中 雅(やまなか みやび)
保健医療学部 柔道整復学科 2年

入学の動機について

柔道整復師になろうと思った動機は何ですか?

高校で陸上部に入っていて、周りでケガをしている人たちを見て将来はアスレチックトレーナーになりたいと思ったのがきっかけです。「トレーナーになるなら国家資格をとったほうがいい」という知り合いの鍼灸の先生からのアドバイスがあり、結果的に柔道整復師を目指すことにしました。

なぜ他の大学ではなく、明治国際医療大学を選びましたか?

この大学は部活動にとても力を入れていて、トラックが改装されたばかりでとても綺麗。陸上部は強化指定クラブで、活動頻度も多い。また、スポーツスカラシップ入試を通じて学費面で優遇を受けられたのが大きかったです。

授業・実習について

入学してみて、大学の授業にどのような印象をもちましたか?

人体のこと―たとえば「解剖学」は理系科目なんですが、「意外と理系科目が多いな」というのが当初の印象でした。私も得意ではありませんでしたが、大学には自習に適した場所がたくさんあるし、ひとり暮らしの友人同士で家で一緒に勉強したりしているので、勉強できる環境は整っていると思います。勉強は大変ですが、その分テストで結果がでたときはうれしかったです。包帯や触診などの実習はやっぱり楽しいですね。

部活動との両立について

アスリートと医療人の育成を掲げる「アスリートサポートセンター」は、どのような魅力がありますか?

練習や試合で蓄積した疲労のケアやケガの治療を無料で行ってくれるところです。しかも、センター内で部活動のコーチと医師が連携しているので、患部の状態にあわせてトレーニングの指導を受けられるのも大きな魅力です。入学して全員がメディカルチェックを受けられるので、大学に入っても部活動を続けたい人にとっては恵まれた環境が整っていると思います。

注)このインタビューは平成28年度秋に行いました。