資料請求

メニュー

カリキュラム紹介

医療施設、福祉・介護、スポーツ界で活躍する「手技」のスペシャリストを育成

学びのステップ

1年生

治療家になる楽しさと医療の基礎を学ぶ

1年生にはカラダの仕組みを知るための基礎医学や、大学生として必要な一般教養を学びます。また、治療家になるための基本技術である包帯や触診法などを学びます。

2年生

いろいろな治療法を学び技術と知識の習得へ

2年生は病気に関する知識を多く学び、特に骨折や脱臼、捻挫などの知識やケガに対する応急処置、固定法などを学びます。多くの実習では小グループで行い複数の教員が教えます。

3年生

いざ実践現場&自分の学びを深める

いよいよ3年生から病院やスポーツ現場での実習が始まります。スポーツ実習ではサッカーリーグやマラソン大会、スキー場など様々な場所での応急処置やケア活動を行います。後期には自分の興味を追及するための卒業研究が始まります。

4年生

“柔道整復師” +“なりたい自分”を目指す

自分のなりたい治療家を目指すためいくつかの興味のある科目、分野を選択し、実技、講義、卒業研究などを通して学ぶことが出来ます。本学では、小グループによる国家試験へ向けてのサポートを実践し、国家試験だけでなく卒業までに勉強や実習などで困っても相談できる環境が整っています。

国家試験 合格!

カリキュラム表

Pick up Curriculum

スポーツ外傷応急処置実習

スポーツ現場での選手のケガ予防や応急処置の方法を実践形式で学びます。
本実習は、近隣地域で開催されるトライアスロン大会やマラソン大会、スキー場などにおいて、各々の競技特性に応じ、柔道整復師の特性を活かした選手の応急処置やケア活動を行います。学生は実際にケガを負った選手に対して、教員が行う応急処置を補佐するとともに、講義や実技で学んだ内容を実践することで、スポーツ現場での応急処置とケアについてのより深い知識と技術を身につけることができます。

体表解剖学

柔道整復師は臨床において、患者さんの状態を見て、聞いて、触って把握します。その中でも患者さんに触る“触診”は特に重要な項目です。
“触診”とは手や指を使って患者さんの身体に触り、身体の情報を把握します。この科目では、体表から骨や筋肉、腱などを触ることで、基礎的な触診方法を学ぶとともに手指の感覚を養っていきます。
効果的な治療技術を修得するためには、まず正確な触診技術を修得することが不可欠。その触診技術を磨くための第一歩をこの授業で学びます。

包帯学実習

柔道整復師が主に扱う外傷を施術するための重要な手法として包帯法があります。現在ではギプスや金属副子、テーピングなども使用する柔道整復師ですが、昔から包帯を用いて施術しており、すべての固定材料の基本は包帯であるといわれています。そのため、包帯法は柔道整復師の仕事をする上で、必ず修得しておかなければならない技術の一つです。
本学では1年前期から基本包帯法の技術を修得し、後期から始まるより実践的な固定学実習に備えます。