資料請求

メニュー

特長

医療施設、福祉・介護、スポーツ界で活躍する「手技」のスペシャリストを育成

特長01

卒業後を見据えた
“考える”学びを展開

時代の流れに柔軟に対応できるよう、自ら考え、学ぶことができる柔道整復師の養成を目標としています。
教科書の内容を記憶するだけではなく、医療人に必要な“聞く・調べる・考える”を大切に、背景を理解する学びを展開しています。
また、学生の自主的な学習をサポートするため、講師室の近くに自由に利用できる学習スペースを設置。
さらに、自宅からや通学途中でも、時間を気にせずに大学専用の学修支援システムのSNS機能を使って、必要な時にすぐに質問ができる環境を整備しています。

特長02

幅広い分野で活躍できる“柔道整復師”を育成

柔道整復師は独立開業権が認められています。骨折や脱臼などの運動器外傷の施術のみならず、スポーツにおけるケガ予防や高齢者の健康づくりなど、地域医療の担い手としても将来の活躍が期待されています。
本学科では、経験豊富な教員による少人数教育のもと、実践的な知識や技術を修得。附属病院や福祉施設、スポーツ現場などでの実習を通して、さまざまな疾患に対処できる応用力を身につけることで、医療、福祉、スポーツなど幅広い分野で活躍できる柔道整復師を育成します。

充実の教育施設

超音波診断などの最新機器を備えた「モデル治療室」、そこでの治療の様子を3方向からのカメラ映像で確認できる「マルチメディア実習室」、より正確な身体の動きを分析する「三次元動作解析システム(モーションキャプチャーなど)」を完備しています。

附属病院実習

附属病院の整形外科や検査室を廻り、医師による診察・診断・治療の過程や、X線やMRIなどの画像診断手法やカルテの読み方を学びます。また、看護師、検査技師らも含めた「チーム医療」に携わり、「柔道整復師としての自己の役割」について理解を深めます。

学外臨床実習

教員や医師の指導のもと地域の接骨院や整形外科で患者さんへの対応や療法を学びます。手技による「整復」、包帯・ギプスなどによる「固定」のほか、「後療法」として、3つの療法(運動療法・手技療法・物理療法)を通して、早期の機能回復に取り組みます。

特長03

“スポーツ医療”に特化した
カリキュラムを導入

健康志向が高まり、スポーツ人口の増加に伴って、スポーツ外傷も日常的なものになりつつあります。そのため、外傷ケアのスペシャリストである柔道整復師が注目され、スポーツ現場での活躍の場が広がっています。
本学科では「スポーツ医療」に特化したカリキュラムを導入。からだの構造、運動のメカニズムからケガの発生まで、スポーツ現場で必要な知識や技術を実践的に学ぶことができます。

取得可能な資格

  • 柔道整復師
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 健康運動実践指導者
  • スポーツプログラマー
  • ジュニアスポーツ指導員
  • アスレチックトレーナー(JATAC認定資格)
  • ※星槎大学科目等履修生制度を利用

卒業後の進路

健康・スポーツ

  • スポーツトレーナー
  • スポーツ関連施設
  • 中学校・高等学校の保健体育教員
  • 大学院進学

クリニカルプラクティス[実践]

  • 開業
  • 勤務柔道整復師(施術所・病院・医院)
  • 高齢者関連施設
  • 大学院進学

鍼灸学部への編入(ダブルライセンスの取得)

  • はり師・きゅう師の免許取得を考えている学生には、鍼灸学科への編入や、姉妹校である明治東洋医学院専門学校への学内入試を行っています。
  • ※本学鍼灸学科への学内編入や姉妹校への進学では、入学金の免除および授業料の半額を減免します。

Column柔道整復師の今

「柔道整復」の歴史とは?
カリキュラムに『柔道』がある理由

「柔道整復」とは、日本古来の手技を使った民間療法です。その元は、原始時代の狩猟や部族間の争いにおける負傷者への「手当」にあると言われています。また、戦国時代には『柔術』という武技が発展。柔術には、相手を負傷させる術である「殺法(さっぽう)」と、負傷した人を手当てする「活法(かっぽう)」があり、やがて、殺法がスポーツの『柔道』へ、活法が『柔道整復』へと進化しました。こうした背景から、本学科では1〜2年次に柔道の授業を設けています。技の反復練習を通して「心・技・身体(精神力・技術・体力)」を身につけることで、負傷者の処置の際にも、冷静かつ安全に対処できる洞察力や判断力を養っていきます。