資料請求

メニュー

カリキュラム紹介

歴史と伝統が育む確かな「教育力」。

学びのステップ

1年生

人体のつくりや働き、東洋医学の基礎を学ぶ

大学生として、授業がスタート!解剖や生理、鍼灸の実技実習など初めて学ぶ内容の“不安”を“自信”に変える学習支援体制とやる気を倍増させる導入教育で大学生としてのスタートをサポート!

2年生

現代医学的な診察方法を学び、
附属鍼灸センターで患者さんに対する実習も

鍼灸師としての知識の幅を広げるため、西洋医学の授業を行うと共に実践的な基礎的な診察の方法から、病気の診断や見分け方、最も効果的な治療の方法を修得します。

3年生

国家試験に向けた準備と
実践的な臨床現場での臨床実習がスタート

教員とマンツーマンの苦手科目対応などを行い、3年次の国家試験に備えます。また鍼灸師として重要な鍼灸の技術も1年生から継続し、それぞれの病気を治療する技術を修得します。
3年次修了時に国家試験受験資格を取得できる唯一の4年生鍼灸大学です

国家試験 合格!

4年生

臨床現場での見修と
附属鍼灸センターでの患者さんの治療

国家試験合格後、経験豊富な先生のもとで患者さんの治療を担当します。
附属病院との連携、附属鍼灸センターや老人ホームなど、さまざまな医療現場を体験することで、学んだ知識や技術を自信に変えることができます。

カリキュラム表

Pick up Curriculum

鍼灸コミュニケーション入門

鍼灸は、患者さんの苦痛を緩和できる治療のひとつです。しかし、その効果は、治療者と患者さんとの間のコミュニケーションが成り立ってこそ発揮できるもの。
患者さんの苦痛を知り、客観的に分析・評価し治療を行うには、両者の間に信頼できる関係をつくる必要があります。
そこで、効果的なコミュニケーション能力を身につけ、患者さんの信頼関係を構築するために必要なコミュニケーションについての本質や仕組みを学び、実際の鍼灸臨床の現場で生かせるような土台となる基礎を学びます。

スポーツ鍼灸学

スポーツの現場で鍼灸治療を行う際には、まず発生したケガの特徴を理解する必要があります。次に治療方針を決定し、場合によってはその他の方法を選択する必要があります。本授業では、一般的なスポーツ傷害について、現代医学と鍼灸学双方の視点から専門的な知識を学びます。
また、実際の現場で鍼灸を生かせるように、予防やコンディショニング法、併用療法を含めた知識も学びます。さらに、「スポーツ鍼灸学実習」によって診察法や治療技術を修得し、実践力を養います。

附属鍼灸センター実習

教科書で学んできた知識が治療院や病院、スポーツ現場などで生かせるように、臨床の専任教員が学生をマンツーマンで指導することで、より実践的な知識にレベルアップさせます。
3年次は「実習入門」として、教員についてベッドサイドで、東洋医学の診察法や各種理学的検査法、治療法、評価法を学びます。
国家資格を取得後の4年次は、教員立ち合いのもと、実際に患者さんの診療・治療を行います。