医療、健康、スポーツ界で活躍できる
専門職医療人を育成する

保健医療学部 柔道整復学科本学部は、「4年間の学びで知性と技術を鍛え医療、健康、スポーツ界で活躍できる専門職医療人を育成する」ことを目標としています。伝統的な柔道整復手法に加え、これまで柔道整復では教えられたことがない、実践的な徒手検査法や徒手療法を取り入れた独自のカリキュラムを採用しています。附属病院をはじめとする充実の実習施設や最新の設備環境の中、第一線で活躍する教授陣によるきめ細やかな小人数実習で、基礎から応用、臨床へいたるまでを段階的に学びます。また、柔道整復師はわが国が誇るべき医療制度であり、「独立開業権を持ち、独自の判断で治療できるスキル」が求められます。柔道整復師の主な仕事との一つとして、スポーツのよる怪我や障害の治療があります。このため、スポーツトレーナーの多くは、柔道整復師の資格を取得しており、スポーツ現場で活躍しています。本学ではこの特性を「Sports Oriented Medicine(スポーツ志向の医療)」と位置づけ、本学部の特徴である柔道整復界の指導的人材の育成とあわせて、あらゆるスポーツ愛好家を支援することが出柔来るよう複数のスポーツ関連資格の取得を支援し、輝く医療人を育成しています。