看護学部の特色

1.人間性への深い洞察と
倫理観の育成

看護専門職者として必要な、感性豊かな人間性と幅広い教養を身につけるために、その基盤となる基礎教養科目を学びます。生命の尊さや人間の尊厳の理解に基づく、深い洞察力と倫理観を学びます。

2.看護専門職者としての
実践能力の育成

本学における看護専門職者育成の指針は、
知性(Head)・技術(Hand)・こころ(Heart)3Hに、人間性(Humanism)・全人的(Holism)・調和(Harmony)の3Hを加えた6つのHです。

 

3.統合医療の理念を
看護学に導入

科学的根拠と確かな技術を重視する西洋医学と、全人的医療を掲げる東洋医学、そして補完代替療法を融合させた教育を実施します。4年間の教育課程を、人間性や表現能力の向上を目指す【基礎教養科目】、健康・疾病・障害の基礎知識と保健・福祉関連知識を学ぶ【専門基礎科目】、看護学の本質と実践能力の修得を目的とする【専門科目】に分け、段階的な学びを展開しています。そして全ての課程を通じて、東洋医学の知識や補完代替療法の理念と実践を学ぶことによって、全人的ケアが実施できる能力を培います。

4.国際交流の推進

グローバルな視点を持った看護専門職者を育成するため、世界の文化や保健医療システムについて学びます。また本学ではこれまでも、海外における補完代替療法を実践する大学との連携を行ってきました。

5.充実した学習環境と
きめ細かな教育

緑の山々と田園風景が広がる日吉の丘にキャンパスはあります。広いスペースと充実した設備を備えた看護実習室では、成人看護学、リハビリテーション看護学、小児看護学、母性看護学、老年看護学、在宅看護論、公衆衛生看護学そして助産学など、あらゆる看護場面を想定した実践教育が行われます。
さらに、本学附属病院や連携する福祉施設で実践経験を積むことができるのも本学の特長です。

6.生涯教育の推進と地域社会への貢献

本学卒業生への継続教育はもちろんのこと、近隣の病院や保健・福祉施設と連携しながら、広く医療・保健・福祉現場で働くスタッフの継続教育にも貢献しています。


看護学部看護学科の概要

加速度的に進行する少子高齢化や、疾病構造の変化、医療技術の進歩と情報化、そして経済の低成長など人々を取り巻く社会環境が大きく変貌している今日、人々が健やかに安心して生活してゆくには、保健・医療・福祉領域の充実が重要な課題となってきています。人々の生活の質に深く関わる看護は、これらの領域の中核的専門分野として、その働きが大きく期待されています。これらの時代のニーズに応えるため本学では、東西両医学のエッセンスをベースとした、高度で幅広い知識と技術そして豊かな人間性と柔軟な視野をもった、人々に貢献できる看護職者の育成を目指しています。

看護学部看護学科の目指す教育

看護学の中に東洋医学の理論・知識を取り込むことで看護の対象を全人的にとらえ、看護実践に必要なアプローチの幅をひろげることにより、看護の対象のニーズに沿った、これからの時代に必要な看護のスペシャリストを育成するための専門教育を行う。

教育目標

  1. 生命及び人間の尊厳の理解に基づく高い倫理観の形成、人間を取り巻く社会及び人間性への深い洞察力を養う。
  2. 看護の専門職として必要な知識・技術・態度とともに、人間性と科学的思考に基づいた判断能力を養い、あらゆる看護の場において看護が実践できる能力を養う。
  3. 人々の看護ニーズに対応できるように、保健・医療・福祉の連携を図る中で、指導的な役割が果たせるような基礎的な調整能力を養う。
  4. 東西両医学それぞれの理念を看護学に取り込み、看護の対象のニーズに沿った、より幅広い奥行きのある看護の実践能力を養う。
  5. グローバルな視点で健康問題を理解し、看護を通じて国際協力・支援できる能力を養う。
  6. 社会の変化に柔軟に対応して看護を発展させていくために、自ら研究していける基礎的能力を養う。

専任教員にインタビュー

本学の臨床経験豊富で、学会などで活躍している専任教員を紹介します。

■第一線で活躍する専任教員(教員一覧

山下八重子先生
佐藤裕見子先生
藤田智恵子先生
杉山敏宏先生